• 愛しの作品 カテゴリーの一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2006年02月27日(月) 記事No.214
昨日は、ダンナちゃんの友達が遊びに来て、一緒に格闘技を見てたので、家飲みでした。とりあえず着物を着ました。
060226-3.jpg

やだわ~、髪がバサバサだ;このあと、料理したので後ろで束ねましたが…;
紅型風ウールに博多の半幅を合わせてラクチンスタイルです。
タイトルの数珠ですが、これです。
060226-2.jpg

この前、百貨店のセールで、半貴石が3割引だったので、友達に「数珠でも作るといいんじゃない?」って言われてその気になったのです。以前、オーラソーマで私の色って言われた「薄めの紫」とそれに光をあてる「白、もしくは透明」のものをまずは入れようと思い、アメジストとクリスタル…プラスおひつじ座のラッキーストーンの・・・なんだっけ?誕生石のダイヤじゃなくて、ガ?なんとかいうオレンジや白っぽい色の石も入れて作ってみました。できれば、ムーンストーンかアメジストの勾玉を一つ入れたいので、気に入ったものを探したいと思います。

スポンサーサイト
愛しの作品 |  トラックバック(1) |  コメント(6) |  記事を編集 | 

2005年12月05日(月) 記事No.151
古代友禅苑での友禅体験中の写真です。いっしょにいったせつらんが送ってくれました。写真が大きくてちょっとぼやけてますが;20051205110311
緑の暖簾と赤の暖簾のどちらかを選ぶ時点で、緑のほうにヒトメボレ!その上に浮世絵というかステンシルの要領で色をのせていきました。緑に染められている布に白抜きになっている部分に、型をのせて動かないように左手で押さえています。その上から、大きな筆の先を切り落としたようなもので、ポンポングリグリって色を置いて行って、濃淡をつけていくと、型をはずしたときに意外にも立体的になっていくのが面白かったです。
出来上がり&詳しくはコチラ
愛しの作品 |  トラックバック(0) |  コメント(3) |  記事を編集 | 

2005年11月29日(火) 記事No.144
20051129094802
手拭バージョンではないです(笑)私の手染め友禅です。リビングの入り口に飾ってみました。

金曜に京都に行った際に、古代友禅会館に行ってきました。院政の発祥の地だそうです。建物はもちろん建てかえられてますが、小さな竹林や紅葉の配置に趣があって素敵なところでした。
20051129091203

着物パスポートで、入館料は無料。京友禅の作られ方が詳しく紹介されていたり、昔の友禅の小袖が展示されていたり、友禅染めの実演がされていたりで面白かったです。信じられないような細かな細工の型紙も展示されていました。
体験コーナーがあって、もちろん別料金なんですが、ぜひやってみようってことで、一緒に行ったせつらんと一大チャレンジを始めました。せつらんは風呂敷を、私は暖簾を作ることにしました。
浮世絵と同じ工法なので、色によって型紙が全部違うわけで、色数分型紙があるんです。私は八色使わせてもらったので、といっても模様が2種類あるので型紙は6×2で12枚くらいありました。ブラシのようなもので色をのせていくのですが、ベタに濃くすれば良いわけではなくて、濃淡を出すほうがキレイになるそうで、ちょっとした力加減で色が変わっていくので、結構難しかったです。でもすごく楽しかった。全部色を入れてから、メリハリを出す白いノリの線を乗せてもらいます(これは職人さんしかできないみたい)。出来上がるまでの所要時間は、だいたい30分くらいなんだけど、素材を選んだり柄を選んだりするのに30分くらいかかってしまいました(笑)
暖簾の右下の白抜き扇は大きくて、くす花模様を選びました。200511290912032
桜やら菊やら可愛いです。こちらは指定の色を使わせてもらいました。
左上の部分にはおめでたく鳳凰にしてみました。20051129091501
こちらの色味が墨や青が多く、右下の柄に合わなかったので、少し色を替えて緑や紫を入れてもらって、優しい色合いにしました。
伝統工芸って、焼き物の絵付けとか、陶芸とかしかしたことがなかったので、良い経験をさせてもらいました。またチャレンジしてみたいです。
愛しの作品 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2005年11月15日(火) 記事No.125
呉服屋さんのセールで犬の半襟を買いました。刺繍じゃなくてプリントされているんですけど、犬張子が可愛いです。(右側)
20051116131205

その呉服屋さんで、墨流しの着物の特集をしていたからか、墨流しの染め体験をさせてもらいました。(左側)
筆を水面にチョンと付けると色が丸く広がります。赤と黄色と青と墨を使って水面に色を乗せて丈串のようなものでマーブルを作っていきます。そこに白いハンカチを入れて取り出すと、もうキレイに染まってるんです。それをアイロンで乾かしてもらって出来上がり。洗っても色落ちしないそうです。染色って面白い!
山田先生のことを調べたくて、ネットで色々見てみましたが、イマイチよく分かりません(泣)東京で友禅教室を開かれてるらしくて、体験というような簡単なものではなく、生徒さんの中には自分で帯を染められる方もいらっしゃるとか…う~~、やりたいよ~ん;
愛しの作品 |  トラックバック(0) |  コメント(6) |  記事を編集 | 

2005年08月17日(水) 記事No.75
なかなか忙しくて進んでなかった日本刺繍ですが、だいぶ練習もできたので、ようやく作品に取りかかりました。
20050817191200

はい、ペンギンです(笑)氷山に乗ってる感じ?
我ながら、満足のいく仕上がりになりました。これは友達へのすっかり遅くなった誕生日プレゼントなんです。(ごめんよ~)ペンギン好きなので、飾ってもらうも良し、紐をつけて持ち歩いてもらうも良し。いちおう、帯留として作ったんですが、フレキシブルに使ってもらえたら嬉しいなと思います。
明日遊びに(お見舞いに?)来てくれるので、渡そうと思ってます。喜んでくれるかなぁ。
オリジナルデザインは難しいです…
愛しの作品 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2005年03月06日(日) 記事No.20
誕生日プレゼントとして作った猫(ぽんた)の根付です。
チョット大きいんですが…というのも、顔のところの白い部分をうまく使おうとすると、どうしてもこのサイズになってしまって。
セバスちゃん、かわいがってあげてくださいね。ponta-netuke.jpg

mikaさん、写真ありがとうございました!
おかげでキレイにアップできました。
愛しの作品 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。