• 2005年01月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2005年01月29日(土) 記事No.5
20050215103819
日本酒の会に着物を着ていってきました。
その前に、友人と大福屋さんのセールに寄って。はっ、もしかして今日のカテゴリーは「買う」だったか?まぁ、戦利品の話はまた今度。総額三千円弱で、白地に紅型風染めの縮緬の長着、深緑に群青と臙脂を織り込んだ紬(裏に少しアク)、躑躅色の織の道行き(共布のくるみ飾りボタン付)、茶色に白抜き紅葉の帯揚げ(新品)。良い買物でした。
今日の着物は、お気に入りの鶯色のグラデのお召し。去年手に入れたアンティークで、顔映りがとても良く、生地が柔らかくなっているのでとっても着やすいの。
帯は初出しです。黒の洒落袋。ウサギがめちゃめちゃかわいいんです。
山吹色の帯揚げと、臙脂と山吹のコンビになってる丸帯締め。房に紺と赤が混ざっていて、全体的に粋に仕上がった感じ。濃い色の半襟を付けると粋になりすぎるので、薄い梅の飛び柄の入った山吹の縮緬を付けてみました。
かなり寒くなるということで、道行コートに襟にフワフワのファーボール、裾にフリンジのついたベージュのショールをかけて。道行が象牙色に紺と臙脂の幾何学模様が入っているので結構派手なもので、着物が落ち着いた色味のとき以外は合わせるのが難しいので、今回はちょうど良かった…ショールをかけると柄の面積も減るので、バランスも取りやすいし。ただ、袖丈が長いのが難点。朝から、「今日はこの道行きにするぞ」って決めちゃったので、とりあえず袖が飛び出なけりゃいいやってことで、着物の袖に手拭を入れて錘にしました。この紬の袖が短いんだよな~長襦袢の袖も合わないので付け袖だし。
日本酒の会は、いまいち楽しめませんでした…風邪のせいです。昼間に薬を飲んだので、大福屋さんを回っている間は元気だったのですが、夕食時にはすっかり効れていて。残念ながら、ボーっと過ごしてしまいました。今度は万全の体制で行くぞ!
スポンサーサイト
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2005年01月19日(水) 記事No.4
20050205174536
去年、新聞広告で見かけた呉服屋さんの展示会に行って、自分へのボーナスとして1万円のお召しを大奮発しました。新品なら40万くらいするもので、掘り出し物のリサイクル品でした。それが、向こうの手違いで二千円で買えちゃったのだから笑いが止まりません。
そのお店が、また展示会をするというので「ラッキーよ再び」なんて甘いことを考えたわけではないのですが、また行ってきました。
来年の振袖が早くも出てて、ちょっとリサーチしつつ、リサイクル品を物色。水色の縦縞が大胆なデザインの夏物の紬を「いいなぁ」と思いながら見てたのですが、白地の部分に汚れがあってそれが畳んだときに移ったらしく、同じ高さに点々と。これが結構目立つので、「三千円は高い」と置いてきました。
でも手ぶらで出るのも出にくくて、かわいい松の模様の紺の帯揚げと、薄い藤色の帯揚げを見つけたので買うことに。2点で千八百円也。
抽選くじを引かせてくれるというので、「1800円でも1回。10万の着物を買っても1回。なんか悪いなぁ」と思いつつ、くじを引くと、なんと1万円分の商品券を当ててしまいました!次回の展示会で使ってくださいとのこと…ほんと、笑いが止まりません(笑)

お正月に足元があまりに寒かったので、別珍の足袋を買いました。薄紅色のがかわいかったんだけど、着物に合わせにくそうで、結局ベージュにしました。灰桜くらいの色味があってくれたらいいのにな。
和モノ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2005年01月15日(土) 記事No.8
「ニコニコ仲むつまじく」という意味から2個・6個・2個のグループに分けて、2個と6個の間に紐をかける…
駄洒落だけど、昔の人って、面白いですね。
 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2005年01月14日(金) 記事No.2
20050205165315
船場の問屋さんをウロウロすると、時々とんでもない掘り出し物が見つかります。まぁ、毎回とは限りませんが…
今回は市松模様の帯揚げを買いました。千円也。
長唄の会などに出るときには、半襟は白と決まってますが、遊びに行くときは色んな半襟を付けたいものです。でも、この半襟、一歩間違うととんでもない組み合わせになります。だっさいコーディネートにならないために気をつけたいものです。着物と半襟のどちらかを柄にどちらかを無地にし、半襟の色と帯揚げの色を合わすと、比較的うまくいくようです。
かわいいオレンジ色の半襟を上手く使うために、ぜひとも良く似た色の帯揚げが欲しかったのです。白い市松模様もツボでした。
茶色の丸い帯締めも、よく見ると緑色の市松模様が編みこまれていて、めっちゃ可愛いの。房にも足し房がされていて、中央だけ色が違うんです。六百円也。ラッキーでした。
和モノ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2005年01月10日(月) 記事No.3
朝4時すぎに美容室入り。毎年の事ながら大変です。
今年の傾向としては、意外と絞りの着物が多かったです。黒や紺の総絞りは迫力があって、それでいてとってもかわいくて、とっても立派なものでした。
立派といえば、お母さんの結婚式の時の丸帯を持ってきている子がいて驚きました。もちろん総柄ですごい刺繍が施されてあって、とにかく重い。立て矢系か文庫系で柄を大きく使える結び方をしてあげたいと思ったのですが、なぜか立て矢系は人気がなくて(重い帯には一番楽だと思うんだけど…)結局文庫にすることに。とってもかわいかったです。
着物好きになってくれたらいいなぁという願いをこめて、精一杯きつけさせてもらいました。
着付け |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2005年01月01日(土) 記事No.1
20050205162528
うさぎ柄の深い赤茶色の小紋に深緑と山吹色の帯を締めました。
お気に入りのうぐいす色のお召しを着ようと思ってたのですが、雨になるとか雪が降るとか予報が出てたので、ポリの着物にしました。
帯はB反を仕立ててもらったもので、今日は久しぶりに銀座結びに。(しかし、どうせなら名古屋じゃなくて京袋に仕立ててもらえば良かったな~手が松葉なのって胴の調整もできないし…)
柄がかわいいので、渋い感じに仕上がるようにしたものの、これで親戚回りをするのはチョットかわいさが足りないなぁと思って、道行コートを赤にしてみました。カトレアの花が刺繍してあって、お気に入りです。
帯揚げと同じ色みの半襟をつけてみました。帯と良く似た柄の、菊の模様でおめでたさを演出したつもり。同じ柄の足袋ックスを履いたのですが、寒かったです…あたたかい足袋をゲットしようっと。
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。