• 2005年03月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2005年03月31日(木) 記事No.28
R00_sakuratenu.jpg

素敵なものを見つけてしまいました~白地に桜の手拭です~
まさに探していたものでした!春らしく白い半襟でスッキリとしたい、でもちょっと春らしい遊びも入れたい。そう思っていた矢先でした。
明日はこれをつけてお出かけだ~い!!
スポンサーサイト
和モノ |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2005年03月26日(土) 記事No.26
最近、奈良がブームだとか・・・それで、というわけでもないんですが、呉服屋さんの展示会があったので、ついでに散策してきました。
といっても、午後から出かけたこともあり、展示会が開かれていた橿原神宮のあたりをブラブラしただけなんですが。気候も良くなってきたので、着物でお散歩は快適でした。
展示会は、最近知り合った問屋さんが、小売屋さんとそのお得意様に対して開いたもので、良いものをたくさんおいてあって、とても勉強になるものでした。新しい技術で、糸が細く且つ強く作られたお召しや、江戸小紋のような細かな模様を織りこんだ織物、反物の幅に対し横にグラデーションを均一に染めた反物など、それは美しいものを見せていただきました。
でも、今回はそれが目当てではなく、この写真のウサギが目当てだったんです。
R00_noren.jpg

寿三郎さんのウサギが大好きなんですが、その着物の最終展示会だということで、これは見に行かねば!となったわけです。写真は展示会場の入り口にかかってあった暖簾です。(これが欲しい!)ただ、このかわいいキャラクターが裾に入ってる着物を着れるかというと・・・なので、私はもっぱら小物しか買いませんが。
でも、かなり心がゆれた羽織がありました。絵羽にしてあったんですが、羽織ると前から見ても後ろから見ても鶯色に白い線が2~3本入っただけのモダンな感じ。脱ぐと共布の裏地(羽裏ではなく、もっと下の方)に、このウサギのキャラクターが描かれていて、表の白い線はこの子の長い耳だったという何ともお洒落な一枚・・・とても買えないと思ったので値段は聞きませんでしたが、あ~宝くじが当たればなぁなどとバカなことを思いました(笑)
R00_0016.jpg

今日は群青に躑躅色の糸が織りこまれた紬に紫の名古屋帯を合わせてみました。帯の太鼓は箔押しの流水なんですが、写真では一番模様の多いところが出てしまいました。こんなにケバくはないです。足元は、先日購入した桜の足袋を履いて、ちょっとだけ季節を演出してみました。足袋が可愛いと、職人さんたちにやたら誉められました。
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2005年03月24日(木) 記事No.27
R00_tabi.jpg

アウトレットのお店から春のセールのお知らせをもらいました。
ここは可愛い小物が多いので、要チェックなのです。
今回は桜の小物が欲しかったので、ウロウロしていると、めちゃかわいい足袋を見つけました。桜の足袋!これは即決でした。基本的に足袋は薄い色が好きなので、紺の方はかなり迷いましたが、張子の犬があんまり可愛いのでホダサレました。まぁいいや、ほぼ半値だし、島屋で買ったと思えば(笑)。
和モノ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2005年03月21日(月) 記事No.25
R00_0008.jpg

金曜日、着つけ講習会をした後、大福屋さんのセールに出かけました。
一応、帯揚げを探すという名目で(笑)
もともとは、いつもお世話になっている大進さんからセールのお知らせが来ていて、それに行くつもりでしたが、その後大福屋さんからもはがきを貰って、大進さんは来月もあるので、今回は初めて大福屋さんのお店の方に伺うことに。
あおやんの奥さんが「母から留袖用の袋帯を見繕ってもらいなさい」と言われてきました~とのことで、ワクワク。普段は見せてもらわない錦の袋帯を眺めて、あんまり決まらないので頭を冷やすことに。
周りにもお店がいろいろあって、大福屋さんのリサイクル店も近くにあるということで、そちらを見に行きました。系列のお店だと思って入った店が、実は全く関係のないお店で(汗)リサイクルも扱うお店にしては、ちょっと高めの値段設定でしたが、質や状態がとても良く、モノも豊富だったので面白かったです。店番をしていた店主のおばあちゃんがとても80才近いとは思えない元気なおばあちゃんで、色々話をさせてもらって楽しかったです。
あおやんの奥さんは、ココで見た袋帯にヒトメボレ。ちょっとホツレがあるものの、非常に状態の良い新品をびっくりするほどの安価でゲット!ラッキーでした。さらに、薄いブルーの地色に野菜の飛び柄の入った小紋も手にいれてご満悦の様子。
私はというと、白い洒落袋を買ってしまいました。美しいんです~。無地っぽい小紋や、上品な紬に合わせたいですね。
結局、大福屋さんでは、あおやんの奥さんが帯揚げ帯締めのセットを購入。葉書についてた抽選くじで半襟が当たりました。
和モノ |  トラックバック(0) |  コメント(1) |  記事を編集 | 

2005年03月18日(金) 記事No.24
今日はあおやんの奥さんとの2回目の講習会。
明日、彼女の着付けをするので、小物がそろってるか確認のためもあって、彼女の実家にお邪魔させてもらいました。
襦袢を着て、長着を着るまでは良かったんですが、帯の締め方は忘れられていました(笑)まぁまぁそんなもんです。
2・3回、帯の練習をして、明日の着物のチェック。やはり「帯揚げの色がかわいすぎる」という結論になり、帯揚げを探しに行くことになりました。
着付け |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2005年03月13日(日) 記事No.23
20050320171810
この前、実家で久しぶりに雛人形を見ました。
昔は衣裳に興味がなかったので、「あ~きれいやなぁ」と思うだけでしたが、着物を着るようになってから改めて見ると、その意匠の細かさに驚かされます。色の重ね方など、勉強になることばかりです。
 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2005年03月07日(月) 記事No.22
20050309220711
とてもかわいいウサギの帯留めです。
めっちゃ嬉しいです~!
これを付けて、どこかにお出かけしたいな~
 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2005年03月06日(日) 記事No.20
誕生日プレゼントとして作った猫(ぽんた)の根付です。
チョット大きいんですが…というのも、顔のところの白い部分をうまく使おうとすると、どうしてもこのサイズになってしまって。
セバスちゃん、かわいがってあげてくださいね。ponta-netuke.jpg

mikaさん、写真ありがとうございました!
おかげでキレイにアップできました。
愛しの作品 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2005年03月05日(土) 記事No.21
だんだん暖かくなって、水も温んで、土の中の虫も動き出す…
それが今日、啓蟄です。
梅も咲きはじめ、桜のツボミも少し膨らんできて、
でもまだまだ寒い日もある…三寒四温とはよく言ったものです。
 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2005年03月03日(木) 記事No.19
20050303221343
「着物を着れるようになりたい」と言ってくれる友達がまたひとり。今日は彼女との初めての練習会です。
着物の基本的な知識を話してから、実際に着始めてみました。相手が仲の良い大学の後輩なので、ついお喋りをしてしまい長時間になってしまいましたが、初めてにしては、かなり上手に着てくれていました。次回が楽しみです。

で、今日の半幅の結び方です。
これもカルタ結びのアレンジpart2です。昨日のアレンジと同じようにひと結びし、テでリボンを作ってタレで固定します。引き上げたタレを、胴に巻いた帯の下を通して引き上げ、お太鼓のようにします。引き上げたタレ先を形良く下ろして完成です。
昨日のよりもお太鼓風で、タレにポイント柄がある場合にも柄を活かせる結び方ができるので、なかなか重宝する結び方です。
今日はこれで掃除・洗濯・買物・練習会をこなしましたが、腰が痛くなることもなく楽チンでしたよん。
着付け |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2005年03月02日(水) 記事No.18
20050303205258
普段着には半幅帯がとっても楽です。
文庫にするよりも、矢の字にするのが邪魔にならずお気に入りです。特に、タレがおはしょりを隠してくれるのが良いんですよね(笑)
ただ、矢の字は意外と形を取りにくくて…さらに帯締めのポイントがずれると、ピッタリならずにイーってなっちゃう。コンパクトにまとめたらいいのは分かってるんだけどね~
というわけで、最近はもっぱらカルタ結び。テが上になるようにひと結びし、タレを文庫のときのように輪にして、ひだを作らないようにテで結んでまとめ固定します。余裕があれば、もう一度結んで余りを帯の中に入れてしまいます。リボンの羽根の部分が、ピッタリ体に添うので楽チンです。
で、この写真はそのアレンジ。
タレが上になるようにひと結びして、テでリボンの羽根を作ります。テの中央でひだをとって、上になっているタレをリボンの下から裏に回し、ゆるく結んでテを固定します。タレをお太鼓風にたっぷりとって、結び目の裏を通し、タレ先を重ねたら完成!かわいいでしょ?
ちなみに、このタレ先を長く取って、リボンの裏にまわし帯締めを締めたら、角出し太鼓風になります。
着付け |  トラックバック(0) |  コメント(3) |  記事を編集 | 

2005年03月01日(火) 記事No.17
奈良、東大寺の二月堂で修二会(しゅにえ)が始まりました。
いわゆる「お水取り」です。
14日まで続く「たいまつ祭り」なんですが、これが終わると春が来ると言われています。確かに3月入った頃に少し暖かくなっても、お水取りの最中に寒の戻りがあって「やっぱりお水取りが終わるまでは…」ってことになることが多いですね。
お水取り…子供の頃は、水を貰う行事だと思いこんでました。火の粉をかぶるんだと知ったときは衝撃でした(笑)
 |  トラックバック(0) |  コメント(4) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。