• 2006年01月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2006年01月31日(火) 記事No.195
雨が降るのは明日からだって予報だったのに、朝から大雨;
雨は嫌い…ただでさえ鬱々してる気持ちが更に落ち込みます。
お昼くらいに呉服屋さんが「おわび」に来てくれるというのです。別に呉服屋さんが悪いわけじゃないので、ご遠慮したのですが、どうしてもと言ってくれて。ちゃんとお話できるか自信がなかったので、気持ちを変えようと思って着物を着ました。夕方からは仕事に行かなきゃいけないんだけど;
060131.jpg

紺のウール混の紅型に博多帯を締めました。なんだかあまり物を考えられなくて、とりあえず山吹の半襟、若草の帯揚に常磐色の石付きの帯締を合わせてみました。
呉服屋さんは、ずいぶん謝ってくださいましたが、「お客様を疑うわけにもいかず、これからもお客様ご自身で気をつけていただくしかないです」とのことでした。そんなことは分かっているんです。呉服屋さんが悪いわけではないし、置き引きに遭ったときには、とっても良くしていただいたし、これ以上何も求めてないです。でも「ご自身で気をつけていただくしか」って言われたときに、なんだかプチってなったような気がしました。私が気をつけてなかったからこんなことになったんだって言われたような気がしました。そんなことも、そんなつもりでおっしゃったんじゃないってことも分かってるんだけど、なんだか凹みました。昨日、お医者さんに「世の中、いろんな人がいるから、気をつけんとアカンなぁ」って言われたときは、なんだかホッとしたのに…;
呉服屋さんが、「お詫びに行きます」っておっしゃったときに、無理にでも遠慮した方が良かったかもしれません。う~ん;
ブルーになって着物を脱ぎかけたら、ヤクルトさんがやってきました。
ひゃ~帯を解いちゃったよ~
慌てて、半幅帯を締めました。
060130.jpg

ヤクルトさんは、とっても元気の良い人で、いつも爽やかです。ちょっと元気を貰ったような気がしました。
スポンサーサイト
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(4) |  記事を編集 | 

2006年01月29日(日) 記事No.194
とにかく携帯電話が無いと不便なので、携帯だけ買いに行きました。
前と同じ番号で同じアドレスにしてもらったのですが、いかんせん、以前のデータが全部無くなったのがショックです・・・
とにかく気持ちを上げないとダメだって思ったので着物を着ました。
060128.jpg

昨日と同じ結城紬に緑と茶色地に山吹色の葉模様の帯をしめて行ってきました。半襟も昨日と同じ紫の麻の葉。昨日は濃紫の帯揚に赤い帯締めをして粋な感じにしてたんですが、今日は淡い桃色の帯揚げに藤色と桃色のコンビ帯締めにしました。っていっても昨日の写真は盗られた携帯にしか入ってないので、比較対象がないんですが;
携帯が新しくなったおかげで、写真が大きく載せられます(笑)
今日の着つけはあんまり納得いかないわ;気分が乗ってないときはダメダメです…
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(5) |  記事を編集 | 

2006年01月27日(金) 記事No.193
今日は小鳥さんと展示会に遊びに行く約束をしていて、そのために今週は風邪を治すのに専念していたくらい楽しみにしていて…わくわくしながら着物を着て(その後時間が余りすぎて寝てしまい、待ち合わせに遅れてしまった;バカ)待ち合わせ場所に向かいました。リサイクル品をたくさんおいてる展示会だったので、袷のウールなんかを見つけて「やった!」と思いながら1時間ほど楽しくしていたのですが、ふと嫌な予感がして鞄を見たら、「ないっ」っていう状態でした。置き引きだって思ったのですが、ほんの一瞬前まであったので、もしかして着物に紛れ込んだのかなとも思って、大慌てで周りを一通り探して、小鳥さんに携帯をかけてもらったりしましたが、時既に遅く(泣)全く私の携帯の音は聞こえず逃げられた後で;警察に行くハメになりました。呉服屋さんにも御迷惑をおかけしました。小鳥さんには警察にも付き合ってもらって、ほんとにありがたかったです。「凹んだらアカンで」って、いっぱい心配してくれて、何よりも一緒にいてくれて嬉しかったです。でも、こんなことに巻きこんでしまって、展示会を楽しめなかっただろうと思うと申し訳ない気持ちで一杯です。小鳥さんゴメンネ。

動きやすいように小さな鞄を持っていたのが間違いの元だったように思います。大きな袋の中に入れられてしまったらわかりませんから。リサイクル品が山と積んである状態を掻き分けて探す状態だったので、かなり気はつけていたんです。常に自分の足とコートの間に挟むようにして、たいていは手首にバッグの手の部分を通して着物を見ていたんです。それが、何かのタイミングでちょっと手を離れた隙にやられたようです。自分で「あ、はなしちゃった。手に掛け直そう」と思った瞬間、無かったんですから。すぐに「盗られた」って言えばよかったのかもしれません。そしたら出て行こうとする犯人を捕まえられたのかも。そういうことを考え始めると、後悔がいっぱい。でも、そのときは着物の山に混じっちゃったかな?お客を疑うようなことをしたらお世話になってる呉服屋さんに悪いなとか色々考えてしまって…;それに何より、着物が好きで集まっている人達の中に、そんな人がいるとは信じたくなかった。
ちょっと展示会恐怖症になりそうです。というより、荷物を持って外に出るのが怖い;
後から聞いた話だけど、明らかに行動の怪しい人がいたらしい。高価な帯ばかり大量に袋に詰めて(しかも二袋も)、呉服屋さんも「この人ほんとに買うのかなぁ」って思ってて、置き引きじゃないかって騒ぎになり始めたときには、その人は消えていたらしいので、その人が一番怪しいみたい…そういう人がいるんだ;一般人の中に混じってるんだ;と思うと悲しいことです。

もう悔しいやら情けないやら、最悪です…鍵も無いので家にも入れないし、でも更にその鍵で空き巣に入られでもしたら目も当てられないし;仕方なく家の前でまさじいの帰りを待つしかなく、携帯もないので連絡は公衆電話から…ダンナちゃんに早く帰ってきてもらって(ごめんなさい)、家の鍵を付け替え、疲労困憊でした。

ほんとに一瞬のことで、信じられない思いでした。おととしの夏くらいから調子を崩し、去年の春くらいから明らかに凹み始めて、夏の空き巣事件でドーンと来て、気持ちがグチャグチャになってたのが、ようやく落ち着き始めたと思っていたのに、なんでこんなことに;かなり厳しいです。週明けに医者に行ってきます。やばそうです↓
その他 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2006年01月24日(火) 記事No.192
風邪が長引いて、やや落ちです。調子が良くないから凹むのか、凹んでるから風邪が治らないのか…いたちごっこです;明日は医者に行こう…
先週末、土曜日は旦那が仕事を家でするというので、これ幸いと引きこもり、久しぶりに真面目に縫いものをしました。
着物は袖付けと裾がほつれてたので直して、帯も結んだときに前にくる部分のマツリがほつれてたのを放ってたので直しました。羽織は、この前200円で買ったものですが、裄と袖丈が少し短かったので伸ばしました。袷のものは初体験だったのでドキドキしながらの試行錯誤でしたが、まぁまぁの出来です。
できた縫い物でコーディネート(笑)
20060124213901
まだアイロンをあててないので、皺がありますが;もう疲れたので今度やります…って言ってると、着たいときに「しまった~っ」ってなるんですが(笑)羽織の衿にも少しシミがあるので、衿も表裏掛け替えようか迷い中…そんな大技を私にできるのか;もうちょっと気分が良くなったらチャレンジするかもです。
日曜は、ちょっとマシな感じがしたので、映画を見に出掛けたのですが、どうもダメダメです。映画は楽しめたと思うのですが、見終わったあたりから、旦那がすぐに気づくくらい(というか最近ダンナちゃんは敏感になってきてますが・笑)私の回りにドヨドヨと重い空気が垂れこみ始めて…
着物を着る気が失せるほど、しんどくなったらダメってことですね;とにかく風邪を早く治すのが先決です。体調が優れないと、いらんことばっかり考えてしまいます(笑)
縫う |  トラックバック(0) |  コメント(6) |  記事を編集 | 

2006年01月20日(金) 記事No.191
寒くなりそうですが、とりあえず着物でお出かけ。
風邪が完治してないので、早めに帰ろうと思ってます。
雪になるかもという天気予報…ポリの着物にしました(笑)
20060120102700

お気に入りの小豆色のウサギの着物ですが、桜が入ってるので、つい三月くらいにしか着なくなって…枝が描かれてなかったら国花なので年中大丈夫とも言いますが、結構気にしてしまうあたり;寒椿の帯にして季節感を出してみました。
山吹の半襟と帯揚げで揃えてみました。茶色と山吹のコンビ帯締め…う~ん、どうも落ち着きすぎなコーディネートだ;





帰ってきました。実家の母と昼食を食べて、お腹一杯になって、ちょっとウィンドウショッピングしたり…久しぶりに母と二人で出かけたので楽しかったのですが、どうも帰りの電車あたりから調子が悪く…;今日は夕方から英会話にも行こうと思ってたのですが、とてもそんな気分になれず帰ってきてしまいました。
はぁ~、この寒さと天気のせいかなぁ?今日は寒いというより冷たいって感じで、言われてるほど寒くはないような気がしたのですが…
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(4) |  記事を編集 | 

2006年01月19日(木) 記事No.190
年賀状の当選切手の柴がかわいいですよ~
って、せつらんが教えてくれたので、早速アタリ番号をネットで検索…
百枚強の年賀状の中に、当たりくじは1枚だけでした;
仕事前に郵便局によって切手をゲットしました。
20060119163306

たしかに、きゅ~ってなるほど可愛いですvかなりボケてますが…;
年賀状を出す人が減っているそうです。届く年賀状も毎年減少傾向に。年賀状ってお金もかかるし面倒だし(笑)、年賀状だけ形式的にやり取りしてる人もいるので、ときどき?って思うこともあるけど、日本の良き風習でもあるので、頑張って出していきたいなぁと思ってます。
でも、親戚とかは別にして、友人関係で形式的になってるところは、もう止めてもいいかなぁ、というか、形式的でないところを大事にしたいなぁと思う今日この頃…
 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2006年01月16日(月) 記事No.189
次の展示会は、とってもカジュアルな展示会で、まるっきりほったらかしにしてくれるので楽なんです。
例のとてもお得で、しかもこの前、一万円の割引券をゲットした展示会です。
最終日だったので、新品もリサイクル品もかなり減ってしまっていて、それは少し残念でしたが、それでも素敵な羽尺をひとつ買ってしまいました。早速仕立てに出すことにしました。楽しみです。
もうひとつ、狙っていたものを見つけました。黒羽織です。以前から深川芸者風の黒羽織がほしいなぁと思っていたのですが、下手するとやっぱり岩下志摩さんみたいになっちゃうので(笑)、可愛い感じのものを探していたのです。で、これです。
060116.jpg

鹿の子絞り風の染めと、花の刺繍が入ってます。これなら、極妻にもならないし、芸者さんは花の意匠を使わないし、いいかんじ?かな?
この羽織は普通丈なんですが、しばらくこれで着て(新品なので)、その後、丈を出して長羽織にしようかなと計画中です。

和モノ |  トラックバック(0) |  コメント(12) |  記事を編集 | 

2006年01月15日(日) 記事No.188
今日はあいも変わらず宝尽くし(正確には「風」)の小紋に、大島地のウサギ帯を締めて出かけました。茶色の絞りの帯揚に、赤と紫のコンビ帯締めをして、紫の縮緬わんこをつけてお出かけです。
060115.jpg

ドキドキしながら、小鳥さんと初めてお会いしました。想像通り、とっても可愛らしい方でした。
あ、一緒に写真を撮ればよかった~

展示会は2ヶ所回ったんですが、最初は日本橋。とても手が出ないお値段の商品が並んでいるので、ある意味安心です。(一応、迷うフリだけはしました・笑)
色々グラグラするものはありました。まず大好きな片岡仁左衛門さんプロデュースの着物。仁左衛門さんらしい、華やかでいて粋なお着物と帯の数々…松葉で縞になった若草色の着物と、黒っぽい子持ち縞の着物に素敵な博多を合わせてもらったんですが、素敵でした~小鳥さんは「松葉の着物の方がお似合いだけど、たかねえさんは絶対黒の縞が好きに違いない」と、思いっきり見透かされてしまいました(笑)
小鳥さんは、織りの着物のコーナーで、飛び柄の可愛い感じの着物を羽織られてもらってました。帯締めや帯揚で遊んで楽しかったですね<小鳥さん
小鳥さんは一応帯を探すという名目だったので、色々珍しいものを見せてもらってました。色んな種類の刺繍の帯が一堂に会してたので、蘇州・スワトウ・相良…それに作家ものもあるし、焼き箔という珍しいものもあったので、おぉ~って見ほれてしまいました。
わんこの帯があったので、刺繍かなと思ってたら、これはなんと織りでした。織りなのにこんな細かい柄がでるの?って不思議に思っちゃうくらいでした。かわいかったなぁ…
さらには、関が原以前の創業の西陣一古いという井関さんとお話させて頂いて、すてきな色無地を見せてもらいました。地紋を決めて、織縞を決めて、色を決めて染めてもらうというフルオーダー、まさに誂えの極致でした。う~ん、いつかやりたいお誂え…;
後ろ髪をひかれながら(笑)、天王寺に移動しました。
   続きます…
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(6) |  記事を編集 | 

2006年01月14日(土) 記事No.187
20060114123900
す~ごいテンションが上がりました!今、これが届いたんです!
以前、けいこさんに教えて頂いた犬の帯留め…ちょっと高かったのですが、思い切って買っちゃいました!
だってこんな柴くんと二度と会えないかもしれませんから。
サイトで見たときも可愛くて大騒ぎしたんですが、実物はもっと可愛いです。たまらんです。
数日前の鬱が嘘のようにスカッっとしました(笑)ゲンキン;
 |  トラックバック(0) |  コメント(6) |  記事を編集 | 

2006年01月13日(金) 記事No.186
20060113215703
仕事先の(亡くなったおじいちゃんの)庭に、薔薇が一輪咲きました。
今週は、なんだかずっとしんどくて、凹み街道を驀進してしまいました。久しぶりに底が見えなくなったので、ちょっと焦ってましたが、なんとか浮上中です。いつもなら、ここまでなる前に、人に会う約束を取り付けて、着物を着て出掛けてしまうのですが、今週は忙しかったのと、月一様がやってきたのとで、ずるずると落ちて行ってしまいました;
着物を着ると、比較的気分が上向きになるので、こんなときこそ着物の出番なんですが、凹み過ぎると着物を眺める気力さえなくしてしまって…駄目駄目です。
こんなじゃ駄目だ~って思いながら仕事に行ったら、この薔薇が咲いてたんです。なんだか、おじいちゃんに克を入れられたような気がしました。
 |  トラックバック(0) |  コメント(3) |  記事を編集 | 

2006年01月10日(火) 記事No.185
寝室のドアにかけてるんですが「ぶっさいくな犬やな~」って、旦那に言われてます(笑)
20060110083300

これは残念ながら、自分で染めたものではないです;呉服屋さんで頂きました。

このブログも1年経ったので、記念に(?)イメージを変えてみました。どうかしらん?
 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2006年01月09日(月) 記事No.184
大阪では「えべっさん」と呼ばれる今宮戎に行ってきました。
20060109160601

福を貰いに行くので、やっぱり宝尽くしかなと。今日は赤い帯にしてみました。若草の帯揚と深緑に梅の柄が織りこまれた平打ちの帯締めに、招福根付にしました。ほんとは紫の縮緬の大きなワンコをつけようと思って赤い帯を選んだのですが、このワンコは晴明神社のお札がついてるので、神様が喧嘩してもいけないし…と、こっちのワンコにしてみました。

今日は十日戎の宵戎だったのですが、スゴイ人でした。去年の笹を納めて、新しい笹を貰って、いつもの吉兆の飾り(?)を付けてもらいました。
そして毎年恒例の福鈴を買いました。これです!
20060109160300
その年の干支が福鈴になるので、今年は当然犬なわけで、狙っておりました(笑)可愛いです!

今宮戎で写真を撮ろうと思ってたのですが、あんまり人が多くてうまく撮れなかったので、帰ってきてから笹を持って撮ってみました。
20060109160302

今日は暖かかったので、羽織にショールでちょうど良かったです。稲が玖珠玉になってる飛び柄の長羽織です。去年ポリの長羽織を買ったのに、秋が無くて着る機会がなかったんですよね~初出しです。着物は柄がいっぱいの小紋なので、これくらいの飛び柄がちょうど良かったです。

今年こそ、福がたくさん来ます様に…
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(4) |  記事を編集 | 

2006年01月07日(土) 記事No.181
お正月、半襟の後ろのところに、和紙のわんこを縫い付けてみました。20060108190301
ちょっとかわいいので、自己満足度100%です!今月中はコレで遊びます♪
 |  トラックバック(0) |  コメント(3) |  記事を編集 | 

2006年01月07日(土) 記事No.180
お正月に実家に行ったときの写真を貰いました。
弟の長女(かすみちゃん)が、私の着物姿を見て、私も着たい~と言うので、昔(大昔か;)私が着ていた振袖を着せてあげました。記念撮影です。
060101-1.jpg

すぐ脱ぐだろうと思っていたので、適当です;半襟見えてないし(笑)帯揚のようにしてるのは本当はシゴキなので、帯の下にするものなんですが、なにしろ七五三に私が着た(たぶん)身上げのままですから、いくら大きいとは言え4歳の子の身体にあうはずもなく、身上げした着物でおはしょりを作って着せているので、それをカバーするために帯揚みたいにしてみました。
せっかくなので、もう一枚。
060102-3.jpg

ご飯を食べるので一旦脱いだのですが、また着る~と言うので、今度はうちの母がきちんと着せました…でもシゴキはやっぱり帯揚状態でした;お正月らしく、みんなでトランプをしてるんですが(というのも、最初は百人一首の読み札を使って坊主めくりをしてたのですが、坊主を怖がってしまって・笑)、とってもオスマシしてます。かわいい姪っ子です。
 |  トラックバック(0) |  コメント(4) |  記事を編集 | 

2006年01月04日(水) 記事No.179
とか思いながら、今日はベージュに墨描き模様の小紋を着てみました。
20060104180606
こんな感じの柄です。20060104181201
足元は昨日に引き続き犬張子足袋。ほとんど見えないですね;今日は黒のファー草履でお出かけです。友人と夕食を食べにでかけます。
帯は黒の染め帯。茶色の絞りの帯揚げに黄色と茶色のコンビ帯締めです。
20060104181500
ちょっと大きいんですが、縮緬のワンコを付けてみました。去年、京都の晴明神社に行ったときに見つけた物です。私が、色を決められないでいるところをyasucoさんが「紫がいいっす!」って見たててくれました。
今日のコーデにはちょっと意味があります。意味ってのはちょっと違うか?
お昼にTVで米朝師匠の落語を久しぶりに聞いたんですが、そのときの師匠のコーデがとっても素敵だったので真似したくなったんです。米朝師匠は、黒の色無地(?男物でも色無地っていうのかな?)に茶色の長襦袢の襟、羽織はベージュで羽織紐だけ銀鼠というスキッとした着物姿でした。羽織がまた素敵で、アップで映ってるときは「あ、ベージュね」って感じなんですが、カメラが引かれると「薄い緑色の淡い太縞が染められてるんだぁ」ってわかるという、いかにも良いものっていうのがわかるものでした。あ~、あんな縞の着物が欲しい(笑)
で、今日は逆バージョンですが、ベージュの着物に黒の帯にしてみたわけです。いかがでしょう?
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(4) |  記事を編集 | 

2006年01月03日(火) 記事No.178
20060103182401
住吉大社に行くことは決まってたので、今日はウール。
通称「すみよっさん」は、大阪一初詣でにぎわう神社です。すごい砂埃になるので、良い着物では出かけたくないところなんです(笑)色鮮やかな振袖や訪問着に見事な錦の帯を変わり結びにして、美容室で髪を結ってもらったんだろうお嬢さん方に混じって、適当なアップの髪にウールな私。いいんだもんね。洗えるんだからさっ
今日の帯回りです。
20060103182701
半襟は四君子柄の香色の縮緬風木綿;せっかくなのでおめでた系で(笑)。帯は黒の繻子にしました。若草の帯揚に藤色と桃色のコンビ帯締め。招福ワンコの根付をつけて出かけました~
が、残念ながら道行きを着てしまうので、殆ど見えない…残念。
道行だけだと首筋が寒いので、フワフワマフラーをして、フェイクファーのミニバックを持って出かけました。そうそう、見えないんですけど、足袋は犬張子柄です。
200601031827012

初詣では必ずできたてアツアツのベビーカステラを買う私なんですが、その列に並んでると、売り子担当のおばちゃん(しかも、ものすっごい典型的なおばはん)に「次のお母さん、注文はぁ?」って言われまして、「えっ?誰のこと?」ってベタに後ろを振り向きたくなる衝動をぐっとこらえて、「300円のを一つ…」と言いました。『お母さん』…;そりゃぁ子供がいてもおかしくない年ですけど(怒)、おばはんに言われたないわいっ
一緒にいたダンナに、「まぁその格好やから」ってフォローされましたが、上の格好って、そんなにおばさん風でしょうか…;確かに肩の開いたセーターにミニスカ&生足ブーツの上にダウンジャケットみたいな、私の洋装スタイルではありませんですけど(笑)
なんかショックで、すみよっさんの写真を撮り忘れました;あいかわらず、すごい人出でした。
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(6) |  記事を編集 | 

2006年01月02日(月) 記事No.177
20060102215700
今日は、普段お世話になっているおばさんのところと、旦那の実家のハシゴしました。
今日の着物は、黒地に宝尽くしの小紋。立春までの間、活躍することが多いです。錦の帯を締めるのは、なんとなく気が引けて、良い爪織綴れの名古屋にしました。でも少し格を上げたいという我が儘から、重ね衿をつけることにしました。昨日の長襦袢を着たので、梅の刺繍半襟のままです。藤色の重ね衿、藍色の帯揚げ、臙脂がメインで緑と紫と藍の入った帯締めに、白足袋と、これまたフォーマルっぽい装いです。
今日は昼から晴れるという予報だったのですが、何となく悪い予感がして、雨用の腰巻を持って行ったら、昼過ぎの移動中に雨が…実は偶然にも着物の時に雨になったのは初めて。ちょうど良かったです。たいして降らずにすぐ止んでくれたしラッキーでした。
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(7) |  記事を編集 | 

2006年01月01日(日) 記事No.176
20060101112401
鴬色に松竹梅の友禅(クリスマスのときの着物です)に黒地に兎の洒落袋を締めました。今年の干支でもないのにどうかなぁとも思いましたが、おばあちゃんの好きだった兎だし、なにより今年は前向きに生きたいという願いをこめて、前へ前へと跳ねる縁起ものの兎をあえて締めることにしました。ちなみに今日は普通に二重太鼓です。
お正月ということで、きちんとした装いにしたいなと、新しい白の梅刺繍半襟と白足袋をおろしました。草履は年末に仕入れた黒のファーを履くことに。新しい足袋はぴしっとして気持ち良いのですが、新しい草履は鼻緒が堅くてちょっと痛い;
帯揚げは藤色に、帯締めは古代紫と紅色のコンビです。もちろん今年の干支のワンコ根付けを付けてます!
今日は意外と暖かくて過ごしやすそう。(こんな日にファー草履?)これから私の実家に年始の挨拶に行ってきます。
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(9) |  記事を編集 | 

2006年01月01日(日) 記事No.175
20060101112400
昨年は多くのご来訪、多数のコメントをありがとうございました。皆様に可愛がって(?)頂いて、なんとかやってます。着物生活がなければ、今の私はこんなに元気に年を越せてないので、皆様の暖かい言葉に、心から感謝したいと思っています。
今年は「はんなり粋に」を目指し、着物をきれいに、より楽に着ていきたいなと思ってます。
謹んで皆様のご多幸をお祈り申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。
 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。