FC2ブログ

  • 2006年01月 の記事一覧

2006年01月15日(日) 記事No.188
今日はあいも変わらず宝尽くし(正確には「風」)の小紋に、大島地のウサギ帯を締めて出かけました。茶色の絞りの帯揚に、赤と紫のコンビ帯締めをして、紫の縮緬わんこをつけてお出かけです。
060115.jpg

ドキドキしながら、小鳥さんと初めてお会いしました。想像通り、とっても可愛らしい方でした。
あ、一緒に写真を撮ればよかった~

展示会は2ヶ所回ったんですが、最初は日本橋。とても手が出ないお値段の商品が並んでいるので、ある意味安心です。(一応、迷うフリだけはしました・笑)
色々グラグラするものはありました。まず大好きな片岡仁左衛門さんプロデュースの着物。仁左衛門さんらしい、華やかでいて粋なお着物と帯の数々…松葉で縞になった若草色の着物と、黒っぽい子持ち縞の着物に素敵な博多を合わせてもらったんですが、素敵でした~小鳥さんは「松葉の着物の方がお似合いだけど、たかねえさんは絶対黒の縞が好きに違いない」と、思いっきり見透かされてしまいました(笑)
小鳥さんは、織りの着物のコーナーで、飛び柄の可愛い感じの着物を羽織られてもらってました。帯締めや帯揚で遊んで楽しかったですね<小鳥さん
小鳥さんは一応帯を探すという名目だったので、色々珍しいものを見せてもらってました。色んな種類の刺繍の帯が一堂に会してたので、蘇州・スワトウ・相良…それに作家ものもあるし、焼き箔という珍しいものもあったので、おぉ~って見ほれてしまいました。
わんこの帯があったので、刺繍かなと思ってたら、これはなんと織りでした。織りなのにこんな細かい柄がでるの?って不思議に思っちゃうくらいでした。かわいかったなぁ…
さらには、関が原以前の創業の西陣一古いという井関さんとお話させて頂いて、すてきな色無地を見せてもらいました。地紋を決めて、織縞を決めて、色を決めて染めてもらうというフルオーダー、まさに誂えの極致でした。う~ん、いつかやりたいお誂え…;
後ろ髪をひかれながら(笑)、天王寺に移動しました。
   続きます…
スポンサーサイト



着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(6) |  記事を編集 |