• 2006年10月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2006年10月29日(日) 記事No.319
今回はワインです。
1018.jpg

日本酒。焼酎・ウィスキーに比べると興味は薄いんですが、昔とった杵柄?的感覚で行ってきました。一緒に行った友達が詳しいので、色々教えてもらいながら色々飲んでるうちに、かなりご機嫌になりました。
ワインをひっくり返されてもいいようにポリでお出かけです。
1016.jpg

でも、どの帯を締めるかで悩んで、結局紅型を締めました;ポリの帯はうまく合わなかったので・・・;少しでも秋らしくしようとして、半襟やら帯締め帯揚げで工夫してみましたが、袷のポリは暑くて、途中からどうでも良くなりました(笑)
試飲会を終えて、京都でご飯を食べました。友達は滋賀の人なので、京都でご飯が限界です・・・三条の「てんてん」という老舗のお好み焼きやさんに入ったのですが、なんとこの12月でお店を閉めるというのです;お気に入りだっただけにショックで;暗い写真ですが、お店の中から白川の青紅葉を写したものです。
1017.jpg

美味しく頂いて帰ってきました。さすがにチョット疲れました。
スポンサーサイト
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2006年10月27日(金) 記事No.318
昨日、出先でとんでもないことが起きたのです;
昨日は「さすがに十月も末だし、単衣っていうのも…」と思い、袷の大島を着たのですが、ものすごく暑くて、「やっぱり単衣にすればよかった;」と思いつつ、高島屋内をウロウロ。呉服売り場でかたせ梨乃さんの梨乃コレの新作を見つけて、「うわ~、やっぱり良いなぁ」などと思ってたら、売り場の方に「ほつれてますよ」と言われ、びっくり。膝の裏辺りの背縫い部分が5センチくらい口を開いてて、真っ青になりました。問題の着物です。
1013.jpg

そんなに引っ張るような歩き方をしたこともないし、着るときに引っ張るようなところでもなし…おばあちゃんの形見の着物なんですが、やっぱり糸が弱くなってたんですかね;そろそろ一度洗い張りして仕立て直してもらう方がいいなと思ってたんです。八掛も擦り切れそうになってたし。このシーズンの終わりまで、おばあちゃんの縫った着物を大事に着ようと思ってた矢先でした。
家に帰るまでの応急処置として、安全ピンで留めるか;と思ってたら、手芸コーナーの売り場の方が、「ちょっと待って。縫ってあげるから。でも家で直してね。」と言って、ザクザクとですが縫ってくださいました。助かりました~自分では脱がない限り縫えませんからね;
帰ってきてから良く見てみたんですが、やっぱり糸が弱くなったとしか思えません;補修するというより、洗い張りに出すことを考えようと思います。しゅ~ん;
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(7) |  記事を編集 | 

2006年10月26日(木) 記事No.317
ちょっとお出かけしてきました。
お昼に友達と待ち合わせして、中華粥でランチ。難波にできたマルイをしばくつもりでしたが、「キャンキャンっぽいらしい…;」という情報からパスして、高島屋の焼き物の特選コーナーに向かいました。
森方徹さんという作家さんのふくろうを見たかったからです。温和な感じの森方さんと、「気に入った子がいたら連れて帰ってあげてね」と里親を探すように言ってくれる優しい奥さまと話すのも楽しみなんです。以前辛かった時期に、ここのふくろうに癒されて、ちいさい焼き物をひとつ連れて帰ってきました。今日はその子の相方を探したかったのです。
森方さんも奥さまも私のことを覚えてくれていて、「彼氏を探すんだったわよね?連れてきてくれた?」と聞いてくれました。もちろん連れて行きましたとも。だって、ぴったりの相方さんを探すためには、単品で好きでもダメなんです。寄り添わしてみないと。というわけでめでたく相方さんを連れて帰りました。
1015.jpg

右側の子が以前に一目ぼれした子で、左側が今回連れ帰った子です。ぴったりでしょ?このふくろうは、手捻りで作られていて、すべて一品物です。焼きの具合も色合いもすべて違うので、今回高島屋に来ている二百体の中から、ピッタリの相方さんを探すのは至難の業で、というかピッタリな子がいるかどうかすら分からないので、ワタシは「わから~ん;」ってなってたのですが、森方さんが「コレやな」って持ってきてくれた子は「コレしかない」っていう相方さんでした。さすがです(笑)
手のひらにすっぽり収まるサイズなので、イライラしたりすると握りこんだりするんですが、不思議と落ち着くんですよね。土の優しさっていうのもあると思うんですが、穏やかな表情に和むみたいです。それに、触ってるうちに、焼き物自体にツヤが出てきて、また良い感じになるんですよ。このふくろうたちのように、いつも穏やかな表情で過ごせるようになりたいですね。
和モノ |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2006年10月20日(金) 記事No.316
単衣にしようと思ってたんですよ、さすがに。でも暑いです;洗いに出そうと整理してあったなかから、また単衣を引っ張り出しました…
20061020163655.jpg

帯は、一番最近買った緑のおめでた柄のんです;季節が…とか細かいことを気にする人と会うわけではないので、まあいいや~と。でも私としては、やっぱり落ち着かなかったです;
でも、緑にピンク系を合わせるコーデは気に入ってます。帯揚げ、帯締め、半襟、足袋、根付の紐に至るまでピンク系です(笑)あ、襦袢もだ;今日は徹底してます。
ま、この格好で高島屋の高級焼き物売り場をウロウロしていましたら、フロア責任者のようなチョット素敵なおじさまがイソイソとやってきまして、やおら丁寧な説明をしてくれまして(汗)、これまたワタシがセレブ(?)な奥様風物言い(???)で応じてたら、すっかりその気にさせてしまい・・・、いえ、買えませんから備前焼なんて(笑)でも好きなので、高価そうな椅子に座らせてもらって色々見せていただいた挙句、「色々出していただいて悪いんですけど、今日は思うものが無いので・・・また寄せていただきます」と、買い慣れた雰囲気だけ残して去りました(滝汗)呉服屋さんに応対は慣れてるけど、新たな敵の出現でした(笑)
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月18日(水) 記事No.315
やっぱり、美容襟がもこもこします。なちぐろさんのおっしゃるように、上から和装ブラで固めるのが良さそうです。
20061018183715.jpg

中間テストが終わったので、ちょっと余裕ができました。友達と梅田でランチ。旅館で出てくるような小さな鍋のできる固形燃料を使うコンロがほしかったので、ウロウロ探してみましたが、納得のいくものは見つからず・・・やっぱり道具屋筋をゆっくり見るほうが良さそうです。
しかし、今日はほんと暑かったです。なんだこの暑さは・・・;単衣のお召しで出かけましたが、もっと薄い単衣で出かけたらよかった;これでも、中は筒袖に袖だけ付けて出かけたのでマシな方だと思うんですが、暑い暑い;;来週から涼しくなるらしいけど、早く袷が快適な季節になってほしいです。

着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2006年10月14日(土) 記事No.314
夏休みに、さんざん世話になった(ほとんど毎日、お昼ご飯を頂きました)おば夫婦と、うちの両親を誘って飲みに行ってきました。「夏休みお疲れ様&お世話になりました会」の予定だったんですが、すっかり遅くなってしまいました(笑)
最近お気に入りの天王寺の炉端で、銀杏やら伊勢海老の造りやら、カンパチのかま焼きやら、うまいもの尽くし…もちろん日本酒を頂きました。
騒ぎすぎて何をひっくり返すことになるか危険なのと、炉端の煙がすごいので、ポリで。
20061018115852.jpg

単衣もさすがに着納めかなぁ…斜めがけバッグで、うちの母と会ったのは初めてだったのですが、案の定(笑)難色を示されました…着物関係では、たいてい意見の一致する母娘なんですが(私がクラッシックということなんですが;)このあたりが年代の差かな~
おじさんが、お酒が入るとカラオケな人なので、飲み会のあとカラオケに。わたしは「日和下駄」やら「鼻歌マドロス」やら、ひばり節炸裂でした。
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月09日(月) 記事No.313
せつらん夫婦に誘われて、琉球フェスティバルに行ってきました!
ほとんど見えませんが、大盛り上がりなんです。
1009.jpg

舞台では、沖縄の唄者の人が、かわるがわる登場して、沖縄の歌を歌ってくれ、舞台脇ではオリオンビールやら泡盛、食べるものも売ってます。そこで酒と食事をゲットして自分の席に戻り、唄と演奏を楽しみます。
アリーナは、1曲目から立ち上がって踊り始める人がいっぱいで「いいなぁ」と指をくわえていたのですが、後半はいい加減に酔いも回って「ええいっスタンドでも踊っちゃえ」って感じで、踊らにゃ損損ってなもんです(笑)そのころには、酔いつぶれたり、通路脇で寝転んだりして、スタッフに連れて行かれる姿も続出し、「琉フェスってすごい・・・;」と変な感動がありました。
踊りつかれて、泡盛を買いに行ってパチリ。
1010.jpg

琉フェスなんで、紅型の帯を締めていきました。売店で三線のストラップを買って付けてるんですが、暗くてよく見えませんね;
6時間に及ぶ琉フェスのフィナーレは、出演者が勢ぞろいで、ステージは大騒ぎなんですが、負けじと観客席も大騒ぎで、すでに舞台なんか見てません(笑)6人で行ったのですが、途中で一人帰って5人のうち、私一人が立って踊ってたら、後ろのおばさまに「一緒に踊ろう!」って通路に連れて行かれ、まるでお立ち台状態(笑)見よう見まねのカチャーシーなんですが、「沖縄の人ね?」って言われ、「違うんです」って言ったら「上手に踊ってるからてっきり・・・」だって。沖縄の人に褒められるって、ちょっと嬉しい。
興奮は最高潮のまま、五八で焼酎を飲みました。もう一杯泡盛・・・とも思ったんですが、さすがにやばいなと(笑)翌朝寝坊はしましたが、すっきり起きられるあたり、泡盛ってすごいね~
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(4) |  記事を編集 | 

2006年10月08日(日) 記事No.312
灘に行ってきました。灘五郷のうち、西郷・御影郷・西宮郷は行ったことがあるので、本日は魚崎郷に行きました。
まず、「桜正宗」。こちらは造り道具の展示がメインで、歴史を振り返るくらいしかできませんが、今では全国区になった○○正宗の名前の元祖だけあって、ゆるぎのなさと歴史の厚みを感じさせます。3種類の利き酒セットを300円で頂きました。
1008.jpg

左から、赤米を原料にした赤いお酒、純米の原酒、(この蔵で一番高い)純米大吟醸です。大吟醸はすごくスッキリして美味しかったですが、やっぱり好きなのは原酒ですね~。おいしいです♪きゅーっと飲んで、次の蔵へ。
今度は「浜福鶴」です。
1007.jpg

酒つくりの工程を見て回って、試飲コーナーへ。色々飲ませてもらって満足でしたが、「女のクセにこんなに辛い酒を飲むのか?」とか「買う気あるのか?」って感じの応対を受け・・・;気に入れば当然買うつもりでしたが、「くっそ~、絶対買わね~」って思いながら帰ってきました(笑)
さらに「菊正宗」に。こちらでは、昔ながらの道具の展示と、その工程の説明がありました。中国人のツアー客と一緒になって、すごく注目されました;「やめて・・・酔っ払いだから;」と恥ずかしかったです(笑)
もうたいがい飲んでるんですが、もう一軒。

着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(10) |  記事を編集 | 

2006年10月07日(土) 記事No.310
うちのいなかのお祭りは、地車が出ます。岸和田の「だんじり」も地車と書くんですが、うちの辺りでは「やぐら」といいます。
1006.jpg

「だんじり」とは違って、車は二輪…「だんじり」よりも大きくて、結構勇壮です。その迫力と、太鼓の音にびびって、だんなの足に挟まってるリュウタ;
1004.jpg

着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2006年10月06日(金) 記事No.311
地方によって、お月見のお供えの仕方やメニューが違うようなので、ちょっとUPしてみました。
うちの辺では、里芋のコロコロ煮&まんまるのおにぎり。これがうちのお月見の定番メニューです。
1002.jpg

今年は里芋を鶏肉とごぼうの肉団子と一緒に炊いてみました。
なんでも丸くして積み上げます(笑)おにぎりは胡麻をふったりオカカを混ぜたりして、すこし黄色っぽくするのがポイント。里芋がとっても美味しく炊けたので、かなりご機嫌です。
積み上げてお供えする、いわゆる絵本に出てくるような丸い月見団子はありません。月見団子はコチラ。
1001.jpg

細長い楕円形のお餅に、雲に見立てたあんこがかかってる月見団子と兎饅頭です。福寿堂秀信というお店がお気に入りなので、わざわさ百貨店まで行って買ってきました。ここの上用饅頭が好きで、結婚式の引き出物にも指定したくらい…今年の兎が上用だったので「やりっ」って感じでした。
百貨店で発見したのは、大阪でも丸い月見団子を売ってるということです!近所にも好きな和菓子屋さんがあるのですが、そこでは上のタイプの月見団子しか置いてないし、福寿堂秀信も今まで本店で買ってたので知らなかったんですよね…もちろん福寿堂秀信にはないんですけど。色々見て回った結果、大阪の老舗には上のタイプしかなく、京都の老舗は半々くらい、東京系は丸いものオンリー…という感じでした。
 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2006年10月04日(水) 記事No.309
いわゆる衣装ケースに2つ分の着物を頂いてしまいました。
ウールの着物が5枚くらい、正絹の袷の小紋が3枚、訪問着が2枚、付け下げが1枚。反物が3本、新品の長襦袢が1枚、帯が7~8本、さらに男物が2枚…ありがたい話です。
知り合いとカラオケに行った際に、私の歌に惚れこんだとかで(笑)、ときどき一緒にカラオケに行くようになって、おおそれながらもワンポイントレッスンなどをさせてもらっておりまして…その女性が「自分で着れないし、もう着る機会も無いだろうから処分したいんだけど、良かったら気に入ったものだけでも貰ってくれないか」というので、いそいそと頂きに上がりました。
着物って着ない人にとっては、本当に無用の長物なんですよね;そう考えると、家の着物を着てみたいから着付け教室に通う…でも着ていくところが見つからないから機会を作ってくれるところに行く…ということになるんでしょうね。また今年も京都きものパスポートの季節がやってきました。これも着物を着る機会を作ってくれているんですよね~まぁ、着物を着る気になればどこでも着られるんですが、というか、京都なんて所は特に着やすい所だと思うんですが。話がそれちゃいました;
実際には、好みにあわないものもあるんですが、絶対せつらんあたりが好きだと思うんで、今度うちに来てくれたときにでも広げてみましょう。

先日、マンゴーのサンデーをUPしましたが、私は大のマンゴー好きなんです。それがたたって、こんなものまでマンゴーに(汗)
0904.jpg

クレンジングと洗顔クリームです;香りはマンゴー味のガムとか飴みたいな香料っぽい匂いですが、使い心地は良いです。パパイヤ酵素とかも入ってるので、軽いピーリング効果があるようです。毛穴の奥からメイクや汚れがごっそり取れる感じで、洗い上がりスッキリです。
 |  トラックバック(0) |  コメント(4) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。