• 2007年06月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2007年06月23日(土) 記事No.417
目指す焼き鳥屋が休みでしたー(泣)
それで、新規に居酒屋を開拓すべく、ブラブラ散歩し始めたのですが、なかなか思うところがなく…結局いつもの魚屋で刺身を買って家飲みです。
07-06-23_17-37.jpg

ウロウロしてる間、年配の方に「あら、着物」と声をかけられました。眉をひそめられた方は、ワタシの裸足に下駄な姿がお気に召さなかったのでしょう…気にしなーい(笑)基本、足袋は好きだから、浴衣のとき以外はたいてい履いてるのですが、サンダル感覚で下駄を履きたかったので。
今日は単帯で。もう秋まで出てこれません~
スポンサーサイト
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(9) |  記事を編集 | 

2007年06月20日(水) 記事No.416
日本酒・焼酎、ワインの試飲会は行ったことがあるのですが、今回は洋酒。全日空ホテルが会場でした。去年までは洋酒だけだったそうなんですが、今年から日本酒も何件か入って、70社以上の販売元がそれぞれ5~10種類のお酒を試飲させてくれていました。
普段なら飲まないテキーラなんかにもチャレンジ。意外と(失礼;)美味しいことに驚きました!それに味が全然違うんですねー(あたりまえ;)シェリーやポートワインもたくさん出ていて、片っ端から頂き(笑)、普段なら手の出ない高いモルトも頂いて、ご満悦でした~
すごい人ごみで、これまたビックリ。会場がそんなに大きくなかったので、ほんとにギューギュー詰めな混みよう。さすがに着物では暑かったですっていうか、何を着てても暑かったと思いますが;飲んでますしね。

今日の着物は、(私の意地で)グレーの単衣です。せめてセオアルファで行けばよかったかしら・・・帯と帯揚げは駒絽。帯締めは夏組みです。緑が涼しげかなぁと思って選んでみましたー
070619.jpg

さすがに着物の人はいませんでした;日本酒の試飲会なんかでは見かけるんですけど、今回は主に飲食店向けの試飲会でしたから。でも、和食関係だと思われたみたいで、やたら「和食にも合いますよ」的な勧められ方をしました(笑)

新鮮な空気を吸いたくて、会場を出ると、ロビーが喫煙所と化してまして、「ココの方が空気悪い~」と思ってトイレに向かうと、千鳥足の人がいっぱい(笑)。へたり込んでるホスト風の若いお兄ちゃんたちもいて、ちょっと笑ってしまいました。夜の飲食業の方がほとんどの試飲会で、この状態・・・今日は仕事になるんでしょうか?(笑)
いちおう、全ブースで試飲をさせてもらいました。あ、ビールはパスしたので、70社くらいですね。気に入ったブースや営業の方が面白いところでは全部飲ませてもらったり・・・ちょっと飲みすぎです;が、とっても美味しく楽しい時間でした。また来年も時間があれば参加したいな♪
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2007年06月16日(土) 記事No.415
夕方から、ちょっとお出かけ。
お気に入りの小料理屋さんで、日本酒を頂きました。
070618.jpg

烏賊のお刺身と、自家製のオイルサーディンで・・・今日のヒットは「小芋の蟹あんかけ」。めちゃ旨いー♪
今日は久留米ちゃん。
070617.jpg

この紗っぽいポリの帯は、よく滑って;緩みやすいのが難点・・・
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2007年06月15日(金) 記事No.414
衣替えの時期って難しくなってきてますよね;
ほんの10年前までは、6月と9月が単衣・・・っていう昔ながらの考え方で過ごせたはずなのに、いまや温暖化に加速がかかってますからね~

先日の倉敷旅行の日曜日、雨なのに着物姿の方を多く見かけました。そのうち一人だけ、紗の方がいて、見た感じが寒そうでした。周りが軽いジャケットを羽織ってるなかで、ノースリーブかキャミソールで歩いてるような感じ。いくら暑くても6月の紗はないなぁと思いました。
紗を使うものでは、6月には無双というステキでいて贅沢な着物がありますから、余計にそう感じるのかもしれませんね・・・

衣替え・・・ということを意識したのは、昨日もこの撫松庵の雀を着たからなんですが、ワタシの中では、いくら透けなくても浴衣を6月に着るのはいかがなものか;という部分があるのです。ただ、この撫松庵、生地がシッカリしたポリエステルで、見た感じ浴衣には見えず、街着として十分着られるものだということから、単衣の季節の着物として活用することにしたのです。(だから逆に盛夏に着るとか、浴衣としての出番は無いかも;)
070614.jpg

雨模様だったので、相変わらず帯もポリ絽で。帯揚げと帯締めを紫系にしました。一番自分の中でシックリくるコーデですが、やや粋に偏りすぎなので兎根付(笑)この写真なら、深い緑の色も出てますね。

ワタシは、どんなに暑くても薄物(絽・紗・麻)は6月の間は我慢しようと思ってます。麻は言うまでもないですけど。ただこの温暖化のご時勢・・・6月の最終週に30度を超えるなら、そのときだけは許そうと思ってます(笑)来週は30度を越えようがなんだろうが、我慢我慢です。
袷と単衣の時期の衣替えは、もっとフレキシブルに考えています。だって、どちらも透けない素材なので、基本的にパッと見ではわからないですから。でも薄物は見た目が明らかに違いますもんね;
逆に、7月に入ってから、透けないものを着るのも抵抗があります。浴衣は浴衣として着るなら1枚で透けたらマズイと思うんですけど(笑)。

そんなに堅苦しく考えなくても・・・という向きもあると思いますが、あくまでワタシの考え。そういう風に刷り込まれてるのだから仕方が無いのです(爆)もちろん、土地柄とか、気候によって違いはあるのでこれおが全てだと言ってるわけではないのです。でも、こういう季節感を大切にしていきたいなぁとワタシは思っています。
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(5) |  記事を編集 | 

2007年06月11日(月) 記事No.413
土産に吉備団子を買いました。基本ですね。
070603.jpg

初めて岡山の路面電車に乗ったのですが、車体にこのキャラクターがいっぱい描かれてました。かわいい♪ うちの地元の路電も色々描かれてますけど、スポンサーがつくのも基本なんでしょうか。
当然、日本酒も買いました。ひとつはこの写真の 桃太郎のワンカップ。めちゃ旨い~意外なヒットです。これは倉敷の「嶺の誉」。やや辛口でスッキリ飲み口ながらも、味がある、良い出来の本醸造でした。
日曜日に帰ってきて早速飲んだのは、「酒一筋」の利守酒造、「元祖赤磐雄町」の吟醸生酒。雄町の味がシッカリしてるせいか、生酒らしいフレッシュさはありませんが、ゴクゴク飲めるお酒でした。歩き回ったので疲れが出たのか、よく回りました~
お土産といえば、新大阪でこんなものを見つけて思わず買ってしまいました。
070604.jpg

パクリですな。
二日目の着物は帯揚げと帯締めだけ寒色系に変えました。
070605.jpg

 |  トラックバック(0) |  コメント(6) |  記事を編集 | 

2007年06月10日(日) 記事No.412
昨日の雨は、宿に入る頃には止んで、夕焼けのなか露天風呂を満喫。塩湯だと聞いていたのですが、あんまり塩分は感じられませんでしたが・・・;朝風呂も浴びて、日曜はまず倉敷へ。
大原美術館を目指す途中で、カフェイン切れを起こした私は「珈琲~~」と唸りはじめ(笑)、美術館の隣の蔦の絡まる喫茶店エル・グレコに入りました。窓から緑が見えて、大正ロマンあふれる喫茶店でした。
070606.jpg

大原美術館を回って、「現代美術はわからん~;」と言いつつ、その後、美観地区を散策。
070608.jpg

酒屋さんを見つけてはのぞくということを繰り返していました・・・生酒にひかれつつ、冷えたまま持って帰れないので断念;
倉敷は一日遊んでも飽きないだろうなぁと思いました。面白そうな雑貨屋さんも、博物館も一杯あるし。また来たいです。
070607.jpg

着物を着る |  トラックバック(1) |  コメント(4) |  記事を編集 | 

2007年06月09日(土) 記事No.411
ヤスコさんと、岡山倉敷方面に旅してきました~
といっても、泊まりは赤穂温泉なんですが(笑)
家を出るとき、まさにバケツをひっくり返したような大雨が・・・;朝から晴れてたので大丈夫だと思ったんですけどね~;でも着物。この前の撫松庵のポリ。雨に降られても平気です。帯もポリの絽です。
070609.jpg

土曜日は後楽園によるつもりだったのですが、大雨だったので日曜に回して、とりあえず赤穂線沿線の備前焼の窯元を回ることに・・・しかし、気に入った備前焼は高くて手が出ず; 徳利に3万とか出せない~;
あんまり雨なもので、早々に旅館にチェックインしました。赤穂温泉の老舗、呑海楼に泊まりました。
フロントでは赤穂浪士と陣太鼓がお出迎え~
070612.jpg
着物を着る |  トラックバック(1) |  コメント(4) |  記事を編集 | 

2007年06月02日(土) 記事No.410
気温が不安定なので、長襦袢をどうしようか悩んだりしてます;
でも今日はとっても暑くて、麻の襦袢がちょうど良かったです。
単衣になると、着物が軽くて気分も軽くなるような気がします。紅型の帯でスッキリした感じにしました。
070522.jpg

浅葱色の帯揚げと抹茶色の帯締めで、枕に片ひだをつけた角出し文庫にしました。可愛いと評判でした。
梅田の百貨店で、ちょっとお会いしたい人がいたので、その用事を済ませ、その百貨店でしか扱いの無いお気に入りの麻の足袋を買って、仲良しの美人店員さんとおしゃべりして、本町の問屋さんに。
いつもよくして頂いてる問屋さんなのに、しばらくご無沙汰してたので、時間があるときに顔を出しておこうと思ったのです。来週の展示会の準備中だったのですが、新作のプレタを見せてもらううちに、珍しく撫松庵にヒットしました。
070524.jpg

去年も、一昨年に見つけて買い損ねた帯を1年がかりで探す羽目になったので、ヒットしたものは買っておこうと思って・・・安くしていただけましたし(笑)
今度買う浴衣は綿の平織りの良いものを買うんだ、それ以外買わない!と決めてたのに;この撫松庵のは、ポリなんだけど暑くないと聞きました。確かに触った感じでは「麻が混ざってる?」って思うほどサラッとしてるし、単衣の着物としても重宝しそうです。手元にあるポリの単衣は、お気に入りだけど、やっぱり暑いので・・・近いうちに単衣着物として登場予定です。というか浴衣として着ることはないと思います(笑)
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(6) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。