• 2008年01月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2008年01月31日(木) 記事No.443
まずは実家に行って、リュウタと。
Image317.jpg

近づいてきた母が、おやつを隠し持ってることを察して、舌なめずりしてます(笑)
映画の予告編で「犬と私の10の約束」を見て、なんだか泣きそうになってしまって、リュウタの顔を見たとたんに「私はずっと友達だよ~~」とリュウタに抱きついたら、「それはいいから、早くご飯にして」という態度をとられてしまいました;
でも、ご飯を食べた後は、ちゃんと甘えてくれましたけど。

そのあと、友達と犬まみれになりに行く約束をしてたので、リュウタとは名残を惜しみつつ別れて、電車に乗って移動。
落ち合ったところは「犬々房」という犬カフェ。20匹くらいの犬がスタッフとしているんだけど、その中から調子の良い子だけが出勤してるみたい。カフェと言っても、飲み物は自販機で買うだけ。入場料が500円で、わんこと触れ合い放題です。
Image318.jpg

友達の背中と、私と友達の間でお休み中のワンコ。すっかり安心しきっています。私の着物にリュウタの臭いがついてるのか、やたらワンコたちが寄ってきてフンフンしてくれました。なんだかモテモテな気分です(笑)
着物で行ったからか、エプロンを貸してくれたのですが(仕事帰りのスーツの人なんかにも貸してくれるのかもしれないですね)、そんなものは用を成さない(笑)っていうか、いつもリュウタと遊んでるし、室内犬たちですからリュウタよりずっとキレイだし。
Image321.jpg

犬達は、どんどん膝の上とかに乗ってきてくれるので、可愛くって。スタンダード・プードルとか、スコティッシュ・テリアとか、ブルテリアとか、あんまに見かけない犬達にも触れ合えて楽しかったのだけど、柴犬の「紅ちゃん」がお休みだったのが残念でした~
昨日の着物は、紫の縞の古結城。最近リサイクルで仕込んだ古民家の柄の帯に、わんこ帯留めにしました♪
Image326.jpg
スポンサーサイト
 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2008年01月27日(日) 記事No.442
大阪でも、氷点下の声が聞かれるようになりました。寒くなりましたね~
寒~い・・・と思いながら、結城を出すのはやめました。
ダンナと炉端に行くことにしたからです。

前々回行ったときに、ちょっとしたトラブルがあったので、しばらく顔を出していなかったのですが、先日行ったところ、トラブルのあった店長が丁寧に挨拶してくれて、「店を移ることになったので、その前に挨拶したかったので、来て頂けてよかったです」とのこと。
その話をダンナにしたところ、じゃあまた店長が変わって、どうなってるか視察に行こうかという話になったのです。

炭火で焼かれてたり、七輪で焼いたりする店だし、大賑わいで煙草の煙も多いので、もう洗いに出すことが決定している紬で行くことにしました。
というのも結城は、春に洗い張りに出して、夏に仕立て直してもらって、秋に返ってきたばかり…初出しが炉端なのもチョット気がひけて;
結局、このお馴染みの紺の紬に、1月限定の帯で。
Image304.jpg

せっかく天王寺に行くんだったら、近鉄百貨店でやってるリサイクル着物市にも行こうと思って、ダンナより一足先に天王寺入り。半時間ほどウロウロしました。
良いものはたくさんありましたが、「お!」と思うものは予算の10倍以上します(笑)おばさま店員の「買え買え攻撃」をすり抜けつつ、「リサイクル市って言いながら、半分以上新品やん」とコッソリお怒りモードでダンナと合流。炉端のお店に向かいました。

昨日は「おいしい魚が食べたい」というダンナのリクエストだったので、まずはお造りの盛り合わせから。新しい店長さんも威勢のいいお兄ちゃんで、快く客のワガママをきいてくれました。
「ババア」という魚がオススメだと言うので、どんな魚か聞いたところ、ゲンゲという魚の一種で鳥取では「ババア」というあだ名で呼ばれているんだそう。かなり大きな魚で脂が乗ってて、アンコウみたいな皮にコラーゲンがたっぷり…と聞けば、頼まずにはいられない(笑)店長が「絶対煮付け」と言うので、煮付けにしてもらいました。
Image306.jpg

サービスなのかな?顔がドーンと乗ってました。顔の周りの皮にはプルプルのコラーゲンがたっぷりトロトロで、めっちゃ旨かったっすー♪
私はもちろん日本酒で。岡山の「美作」(私は御前酒という方が馴染深いんだけど、この店では美作と呼んでます)を頂き、最後に「奈良萬」で締めるつもりで2杯目を「春鹿」の封印酒にしたのに、なんだかお腹がいっぱいになってしまって、飲みたかった「奈良萬」を飲めず
ちょっと悔しかったです;

そうそう、先日ヘアアイロンが激安だったので買ったのですが、これで毛先をカールしてアップにしたところ、まとめやすかったです。私は、美容師が惚れ惚れしてくれるようなストレートな髪なのに、ホットカーラーを使うのが面倒臭くてそのままアップにしてるので、アップにするのに余計な手間がかかってたのですが、簡単にまとまりました。
Image305.jpg

いつもは巻き込んでしまう毛先を、さらにアイロンでクルクル巻いてみたら、華やかなアップスタイルになりました♪
 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2008年01月20日(日) 記事No.441
先日、呉服屋さんからDMがきました。「展示会をするのでお運びください」といういつものDMだろうと思いつつ、開けてみると「2月末に閉店します」というお知らせでした。それで、閉店セール前のお得意様セールをするのでみにきてね!という内容でした。結局DMじゃん(笑)
良いものを見ないと感性は養われませんし、触れる機会に触って勉強しないと知識も増えませんから、行きますよ~展示会。今回のセール特典が「5万円分の商品券(ただし5万円以上のお買い物に限ります)」だったので、5万5千円くらいのものなら買ってもいいかな~なんて気分で、昨日出かけました。きっと、10万円クラスからしか置いてないんだろうと思っていったら、案の定でした。前に「可愛いなぁ、もっと安かったら買うんだけどなぁ」と思っていた名古屋帯があって、それが以前店頭価格で7万くらいだったので、セールなら6万を切ってくるだろうという予測があったのですが、そのシリーズの帯は奥にしまわれているようでした。ちっ

昨日の着物は、再び先日の宝尽くし。ほんと、この次期しか出番が無いので、ヘビロかかってます。
Image293.jpg

雪兎の袋帯で。久しぶりに羽織を着た状態で写真とってみました。

それで昨日は、染めの作家さんとお話をさせてもらいました。滋賀県の郷野という地方の変り織の紬を染めてらっしゃる方でした。郷野紬は糸が変わっていて、よく真綿の糸と生糸を撚りあわせたのを見ますが、撚りあわすのではなく、真綿の糸に生糸を巻きつけてコーティングしたような糸で、反物の肌触りがとてもよくて、ちょうど真綿紬と柔らかモノの良いとこどりをした感じ。後染めの織の反物も、たくさん見てきましたが、ダントツの気持ちよさですし、染めの発色もよくて、深みのある色合いに染まっていました。着物に仕立てて纏えば、きっとすごく気持ちのいいものだろうと思います。いい物を見せてもらいました♪

色んな作家さんや織元さんのお話は、その土地その方のコダワリだったりご苦労だったり、専門的なお話だったり。なかなか伺える話ではないので、とても貴重なものです。
毎回、展示会には作家の方がいらっしゃるので、お話させてもらうのはとても楽しかったです。だから、この呉服屋さんが閉店してしまうと、その機会がすごく少なくなるということので、ショック大。閉店といっても移転されるので、行こうと思えば行けるのですが、沿線が違うので面倒なのです;

だから、このお店が移転するのは本当に残念に思っていたのです…

でも、昨日展示会のヘルプに来ていたスタッフの方と少し話していて、「なんだか、違うかも」と思ってしまいました。お店のスタッフとは仲良くさせてもらってたし、私の考え方もよくわかってくれているので良かったのですが、ヘルプにやってくるスタッフというのは、いわば凄腕がやってくるわけで、その人がこういう考え方でお客と接する店は嫌だなぁと思ってしまったのです。
そのヘルプスタッフは、私に執拗に無地紬を勧めてきました。(買う気ゼロですけど)
「染めの着物もいいけど、紬もいいですよ。無地だと帯遊びもしやすいですし。今日お召しのようなお着物だと、帯を変えても結局印象は変わらないでしょう?」(←失礼な話だ;そりゃそうだけど、そんなこと言う?この着物に関しては、「宝尽くし」っていう印象を変える気なんてないですけど)
と、ベージュの反物に、3本の帯を並べて、いかに印象が変わるか見せてくれるのです。言っちゃ悪いけど、着物を着る人なら、誰でも知ってることじゃね?しかもその趣味が悪い;かなり辟易しました。たぶん、私はすごく不機嫌な顔をしていたと思うのですが、そんなことは意に介さず、延々と。で、
「無地の着物も、紬も持ってます。無地の着物の良さも十分よくわかってます。でも、私はこういうシンプルモードな着方ではなく、あくまで私らしく着物を着ていきたいんです。ハヤリに迎合したくもないですし。」
と言ったところ、
「でもね、七緒でもとりあげられてますしね、今は洋服感覚でシンプルに着物を楽しんでもらうのがセンスの良い…」
ときました。洋服感覚?
そもそも、今日の服は何にしよう?と思ったときに、ワンピースを選ぶのと同じように和服を選ぶという選択肢の一つという意味での「洋服感覚」なら大歓迎ですが、色彩合わせだったり柄合わせだったりを、いつも「洋服感覚」では、何のための和服?って思ってしまう。洋服ではできないことをできるのが、和服の楽しいところだと私は思ってるので、
「それはそれで、素敵だと思いますけど、私にはそれが最高だとは思えないので…」
というと、なんで?って顔をされました。
「あなたの言うセンスってなんですか?話が噛みあわないようなので失礼します」と帰ってきてしまいましたよ; すごく気分が悪い!
七緒を否定する気はないのですが、七緒のセンスってそんなに最高ですか?そもそも雑誌とかの影響をあまり受けない我が道な人間なので、その良さを私がわからないだけなのかもしれないんですが。確かに着物を着始めた人には、とってもわかりやすい雑誌だと思いますし、扉を大きく開いたという功績も大きいと思います。前にも書いたことがあると思うんだけど「目立たないように」とか「悪目立ちしないために」とか、そういう言葉がよく見受けられて、ときどきホントに嫌になります。現状では、どんな着物で、どんな着方をしようが、着物を着たら目立ってしまいます。残念なことだと思いますが、それは覚悟の上じゃないんでしょうか?…洋服での感覚をそのまま持ち込むのもいいと思いますが、和服という日本文化を、もっと真正面から捉えてもいいのではないかと思うのです。七緒は以前「はんなり」の意味を履き違えてたし、染めの着物を「ださい」呼ばわりしたこともあるので、そもそも日本文化を語ることはできないかもしれませんけど;

でも結局は、問題は七緒にあるのではなくて、それを受け取る読者側にあるのだとは思います。全て正しいことが書いてあるとは限らないわけで、情報をキチンと取捨選択することが求められるのでしょうね。無地の着物も素敵だし、シンプルに着るのもいい。でもそれが絶対ではなくて、選択肢の一つにすぎないということを、もっとアピールしてもらいたいと思うのです。
というか、私は、アピールしていきたいと思います。←何者?
とりあえず、情報に踊らされてる呉服屋との付き合いはヤメにします(笑)
客に自分の好みを押し付けてどうするんだよ;ねぇ?

ついでに載せちゃおう、先日のおうち着物。
Image298.jpg

絞りの反物で羽織を仕立てたあまりで作られた帯。羽織とセットでもらったのだけど、羽織の裄出しができてないので、羽織はまだ出番ナシですが、帯は大活躍。渋系の着物を一気に可愛らしくしてくれます(笑)
 |  トラックバック(0) |  コメント(10) |  記事を編集 | 

2008年01月15日(火) 記事No.440
昨日は友達と空堀あたりを散策しました。
ずっと行ってみたかったのだけど、なぜか行く機会がなかった空堀。
そもそもなぜ行きたかったかというと、以前心斎橋にあったエクチュアというチョコレートのお店が移転したから。
松屋町の駅を降りて、まずはエクチュアの入ってる「練」へ。昔の蔵やお屋敷を改装したお店群になってました。写真は入り口。入り口の左側の蔵が目指すエクチュアでした。タイミングよく並ばずに入れましたが、相変わらずすごい人気でした。心斎橋のときもよく行列ができてましたから…
Image288.jpg

日本酒の入ったチョコレートドリンクがシーズナルメニューにあったので、それを頼んだところ売り切れ;結局昔からのお気に入りのスーサイドケーキと珈琲。ほんとこのケーキ美味しいんだけど、カロリーを考えると自殺したくなる(笑)しかも写真を撮り損ねた。ケーキを前にして、何も考えずにフォークを付き立てたのだから仕方ない;
友達と正月をどう過ごしたか…とか、そんな話なのに爆笑な話をして、お店を出ました。練には、エクチュアのほかに、クレープやさんやら、雑貨のお店が色々入っていて、そのうち1軒で、うさぎのくるみボタンを買いました。かわいいの近いうちに何かでお披露目しま~す。たぶん、道行のボタンになる予定~。
練を出て、こんどは惣へ。こちらは、長屋を改装したお店。美容室なんかも入っていてビックリしました。かわいい雑貨がいっぱいで、楽しかったです♪
さらに歩いて、萌へ。ここは普通のかわいいビルだし、直木三十五の記念館があったりと、ちょっと違う雰囲気。でもチョットいい買い物もしました。
空堀は、なんだかとても面白いところでした。古い建物も多いし、新しい建物も、斬新だったり可愛かったりレトロだったり。お寺や神社も興味深く、商店街は昭和の赴きたっぷりで、一日楽しめそうです。友達とも「今日は下見ってとこだね~今度また来よう!」と意気揚々です。
高津宮でとんどがあったので、着物姿の人もチラホラ。それ以上に晴れ着姿がいっぱい・・・そうか、成人式だったのよね;今年は着付けのバイトが入らなかったので、すっかり忘れていました。
今日は黒地の宝尽くし風の小紋に紫の流水の帯で。
Image286.jpg

友達には可愛い♪と好評でした。
 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2008年01月14日(月) 記事No.438
自家製の梅酒を自分の家族で飲む分には合法だけど、客に振舞ったりすると、今は違法…なんだそうです。
うちは結婚後3回くらい梅酒ブームがありまして(笑)、第3次梅酒ブームのときなどは、味と製法に安定感が出てきたので、大量の自家製梅酒を作って、客に振舞うだけでなく、親しい人にプレゼントしたり…
密造酒扱いだったのか~
まぁ、実態に合わないってことで、法改正されるそうです。
そうか、そうか。よかった、よかった♪
去年は、実家から青梅が届くと思ってたのに来なかったので漬け損ねました。今年はまた漬けないと消費量に追いつきません。
基本的には3ヶ月漬けると飲めるようになりますが、2年寝かすと味が格段に変わるので、少なくとも1年は寝かせてから飲み始め、半分くらいを1年かけて飲めば、半分は2年寝かせることになるから・・・とか色々考えると、今年は大変かも(笑)
 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2008年01月11日(金) 記事No.439
今日は雨の中、天満宮へ行ってきました。
天満宮には蛭子神社があるので、えべっさんもやってます。うちの商売繁盛は、合格祈願に繋がるはず…なんて、勝手な解釈のもと、えべっさんにお参りしてきました。
実は、目的はこの絵馬です。
Image279.jpg

本来は笹につけてもらうものなんでしょうけど、絵馬だけ頂いてきました。酔っ払ったえべっさんが描かれていて、「御神酒笑姿」とあります。「おみきえみす」と読むそうです。江戸は寛政の頃、お神酒をお供えしたらご神像の顔が赤く染まったことに由来するそうです。酒飲みのためにあるような神様じゃありませんこと?
この絵馬が今年から売られるって話が、新聞にちょこっと載っていたので、どうしても欲しくなったので、GETついでにお参りに行って、さらについでに合格祈願…ダメじゃん
え~、合格祈願には、また別の機会に、再度キチンとお参りすることにいたします;

今日は、お正月に着てた、小槌刺繍の色無地風小紋で。帯は、明治後半から大正期のアンティークです。葉牡丹と梅が描かれて、水仙の金糸刺繍が入ってるので、1月しか締められないので今のうちに…と思って。
Image274.jpg

帯締めを金&茶のコンビにしたので、帯揚げを山吹にしたかったのだけど、それをすると決まりすぎるキライがあるので、あえて葉牡丹の色のローズにしてみました。
最近、雨の日はポリかウールを着ることが多かったので、出番が少なかったのですが、昨日は着物が正絹なので、久しぶりに雨コート登場。久々の登場だったので、エレガードをふり忘れて出かけ、脱ぎ着するたびにパチパチいわす羽目になりました。帯電体質なんで、痛いんだよね~
この緑の帯は、何年も前に、「ひょうたん屋」さんというチョット名の知れたリサイクル着物のお店で買ったものなんだけど、去年、中崎町から引っ越されてしまいました。そのあとにできたお店が、例の「彩珈楼」さん。なんだか珍しい珈琲を入荷と聞いて、久しぶりに中崎町に行ってみました。
残念ながら、珈琲はブラジルから輸入中でまだ届いておらず…別の美味しい珈琲をいただきました。あと、玄米珈琲。これが面白かったです。見た目はまるっきり珈琲。黒々してます。香りは、珈琲ではない…珈琲に似た感じもするけど、ものすごく香ばしい番茶とかそんな感じ。お味は、完全にお茶です。ものすごく濃い玄米茶。不思議な飲み物でした。不思議な感じに気が行きがちですが、もちろん美味しかったです。でも、メーカーと言うかモノによってすごく味が違うんだそうです。意外と男性に人気なんだそうですよ。
 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2008年01月10日(木) 記事No.436
昨日は、久しぶりの友達と会ってきました。大学時代の友人で神社仏閣マニアなので、よく二人でオフィス街の中の神社仏閣をめぐっては、民俗学の教授と与太話をしたものです(笑)
そのなかで、好きだったのはお初天神と堀川戎でした。お初天神は、近くに瓢亭があったからじゃないかって話もありますが;
それで、堀川戎にも寄ったのですが、宵戎ということもあって、普段の雰囲気と全く違っていたので、ちょっとシュンとしてきました…目当ての喫茶店もお休みだったし;

帰りに新地の行きつけの店に。そこで楽しいお客さんに会って、少しお喋りさせてもらったのですが、久しぶりに「これからご出勤ですか?」と尋ねられました(笑)
確かに、昨日の着物は、裾と袖にだけ柄の入ってる付け下げ風のお召しだったし、袋帯で二重太鼓にしてたし、髪も低めのアップだったので…
最近はミナミでは顔が売れてきたし(?)あまり聞かれなくなりましたが、新地ではまだまだですな;
Image271.jpg

この着物は、年末に出掛けたリサイクルのセールで、1500円でゲットしたものです。セール初日に行った甲斐がありました♪
深い緑色のお召しなので、「また緑?」って自分でも思ったのですが、この深い緑って、意外と似合う人が少ないそうで、物はよかったし状態も良いので、試着する人は多いのに売れないから値段を下げたとか…ラッキー!
とっても軽い着易いお召しですが、問題がひとつ。身幅がめちゃくちゃ広い;ふくよかな方だったんでしょうね…調整して着れないことはないのですが、脇の縫い線どこ?ってくらいずれるので、仕立て直すかも。悩むところです。
このリサイクルでは、すごく可愛いローズの江戸小紋もゲットしたので、また近いうちにお披露目できると思います。

昨日、堀川戎をスルーしたので、今日はえべっさんに行ってきました。
毎年、今宮戎に行ってたのですが、今年は近所の堺戎に行くことにしました。
というのも、えべっさんにお参りしたあと、どこかお店によると、福を落とすという話があるので、チャッと行って、チャッと帰りたかったんですよね。それに今日は仕事に行かなきゃいけないわけだし。
でも、なんとなくお参りは着物で行きたかったので、紫の縞の紬で。
Image273.jpg

歩いて15分くらいのところの天神さんで、堺戎神社及び日本最古の薬祖神社が祀られています。この神社は菅原道真公自作の木像が堺の浜に打ち上げられたのを奉ったのが始まりとされている菅原神社。でも町名は戎之町で地元では「えべっさん」の方が通りが良いという不可解な神社です。
今日は10日なので、戎祭例大祭もあり、結構な人出でした。
「商売繁盛で笹もって来い♪」のお囃子も賑やかで、思わず気分が楽しくなりました。
Image272.jpg

初めての堺戎なので、古笹を納めるのはどこかわからずウロウロ。ようやく見つけて、古笹を納め、お参りをし、笹をもらって帰ろうと思ったら、なんと
「福笹 100円」
えっ・・・がめつ
笹は神主さんが配ってくれるものじゃないの~
ありがたく頂戴するもので、買うものではない!と思ってしまった私はケチなんでしょうか;ぷちショックを受けて帰ってまいりました。
 |  トラックバック(0) |  コメント(4) |  記事を編集 | 

2008年01月07日(月) 記事No.437
今日は仕事始めでした。
カレンダーの都合で、ゆっくり休めたため、正月ボケもいいとこです;

明日は始業式なもので、昨日は生徒達にとっては冬休み最後の日。
「学校の宿題を一通りみせるように」言ってあったので、今日はほとんどの生徒と顔を合わせました。学校の宿題と、うちの宿題を去年中に終わらせて、お正月からコッチずっと遊んでたと元気そうでした・・・
が、そのうちの1人が、学校の宿題の半分を残して平然とやってきました中1の男子なのですが、うちから宿題を出しても絶対できないと思って、学校の宿題だけキチンと終わらせてくるようにカタガタ言っておいたのに…情けないったら;

グッタリ疲れましたが、朝から仕事をしたおかげで、夕方は早めに仕事を終えられました。

今日は七日ですから、七草粥を作ろうと思ってたのですが、菜っ葉類は色々あるし…と思って、七草にはなりませんが(笑)菜鍋。大根菜(すずしろ)と大根、蕪菜(すずな)と蕪、キク科関係で菊菜、白菜、小松菜あたりを入れたお鍋を作って、お粥代わりにうどんで
とりあえず、お正月に疲れた胃腸は休められたかな?休められたのか?(笑)

正月のラストとばかりに、昨日は胃を酷使してきました。焼鳥です。
ウールに、帯だけちょっとめでたい感じで。
Image267.jpg


さて、明日は残ってた焼鯛を使って、鯛めしを作る予定。うまくできるかなぁ…ちなみにお昼ご飯は、お善哉でした;結局休まらん・・・
 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2008年01月04日(金) 記事No.435
正月早々熱を出して寝込んでおりました。
ご無沙汰しております。たかねえです。

あけましておめでとうございます。

元旦は元気にしていたので、とりあえず・・・
Image264.jpg

色無地風、小槌の刺繍の入った小紋に袋帯を締めました。
鯉の帯留めでおめでたく。

リュウタと遊んできました。
画像0151


ついでに、今年も頑張った、うちのお節もUPしちゃえ。
Image259.jpg


というわけで(?)今年もよろしくお願いいたします!
 |  トラックバック(0) |  コメント(6) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。