• 2008年03月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2008年03月22日(土) 記事No.454
帯つきでちょうどいいって感じでしたが、さすがにまだ3月だし…と思って、頑張って道中着を着てました。でもお昼間はあんまり暑くて持ってました。結局、帯つきやんって思いつつ。
京都は、伝統産業の日で、着物姿だと色々お得なことがあるとあって、着物の方が多かったです。

初おろしの霰の着物で行きました!
Image430.jpg

初めての着物って、ちょっと落ち着きが悪いんだけど、すごく嬉しい♪写真では白襟が光っちゃって、残念ですが;黒い着物に藤色の帯揚げの組み合わせがお気に入り。

岡崎あたりでは、桜が咲いていました。
Image424.jpg


秋には「京都きものパスポート」、春には「京都伝統産業の日」と、着物好きにはお得な楽しみがあります。 着物を着る人たちの間では、浸透し始めたイベントではありますが、まだまだ知名度は低いようです。昨日会った友達は、京都に住んで5年。着付けもできるようになったはずなのに、全然知りませんでした(笑)
どちらのイベントも、着物でお出かけすると、博物館の入場料や寺社仏閣の拝観料が無料もしくは割引になったり、市営地下鉄やバスが無料で利用できたりと、楽しいことが一杯です。
普段なら足を運ばないところを散策したり、拝観したり、伝統工芸を体験したり…毎年行きたい所がありすぎて、去年はココに行ったから、今年はココとココに行って、コッチは来年などと、計画的に回ってます;

昨日はまず、京都駅周辺でランチ。美味しいイタリアンを食べました♪
そしてまず、蹴上から。南禅寺→無りんあん(りんは、隣の左右逆の字で、あんは奄に草冠の字です。出ない;)→平安神宮・・・と回って、東山から地下鉄に。烏丸御池に移動して、国立博物館周辺をウロウロしてきました。
無りんあんは、山県有朋の別荘なんですが、お庭がとても素敵です。無りんあんには、木造2階建ての母屋と、離れの茶室、それと「日露戦争開戦会議」が行われたという洋館があります。この洋館の2階から眺める日本庭園がとても美しいのに、洋館の壁や天井・絨毯などを守るためか窓から日光が入らないように閉め切られており、残念ながら見られませんでした・・・唯一開放されている階段の窓からは、屋根の修理中の母屋の2階だけ;しかし、ここでは着物の人が異様に多くて、ちょっと引きました(笑)この時期、着物のレンタルや着付けのサービスが、安く受けられるとあって、気軽に気楽に着物に親しむ機会ができるというのは嬉しいことですね。着物好きになってくれたらいいなぁ♪
造園家の小川治兵衛つながりで、近くの平安神宮も回りました。
Image425.jpg

写真は、平安神宮の参道の陶器やさんの坪庭。めっちゃ素敵でした。あ、もちろん陶器の揃い方も素敵で、あれもこれも欲しい~~って感じでした。ちょっとお買い物して、色々お話させてもらって楽しかったです。
国立博物館あたりは、お目当てのお店がお休みでショック;問屋さんだから土曜日はお休みだったのですね~失念しておりました…

六角さんにお参りして、河原町までテクテク。やっぱり京都は、細い通りを歩くのが面白いですね。普通のおうちがとっても風流だったり、お店の入ってる建物が見事な洋館だったり・・・
木屋町あたりで、美味しいお酒を頂いて、ウダウダおしゃべり。
とっても楽しく、ちょっと久しぶりな京都でした~♪
スポンサーサイト
 |  トラックバック(0) |  コメント(4) |  記事を編集 | 

2008年03月20日(木) 記事No.453
「春らしさ」をテーマにしてみました。
春分の日だけに(笑)
Image415.jpg

今年も実家に飾られていた雛人形。せっかくだからUPしちゃお。
Image414.jpg
 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2008年03月19日(水) 記事No.452
実家へ行って、お彼岸参りしてきました。もちろんお墓参りも。
実家は花盛り。梅・桃・水仙・チューリップ・・・
Image408.jpg
Image407.jpg
Image410.jpg
Image411.jpg

昨日の着物は、たまご色の小紋。墨流しです。帯は先日の自作ので。
Image400.jpg

祖母からもらった藤色の道中着を羽織っていきました。可愛い色味で落ち着いた感じにまとまり、母や祖母好み。もちろん私も好きなコーデです。
「3月中は飾っておいてもいいやろ?」と雛人形が。私に見せるまで仕舞わないから、早く見においでって言われてたんです。でも3月は忙しくてなかなか・・・。今年も雛人形を見られて良かったです♪
家に娘がいるおうちは、「3月3日が終わると、できるだけ早く仕舞いなさい」って言われますよね?嫁に行き遅れるとか、うちのあたりでは言うそうです(笑)
 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2008年03月15日(土) 記事No.451
オフ会でした。初対面の方もいらしてドキドキでありました。
オフ会のメインは、神戸ファッション美術館で開かれた「大正昭和のお出かけ着物」展だったので、着物好きの女性4人で「これが好き」の、「あれが欲しい」のと、おしゃべりも楽しく…。大正昭和の銘仙などの着物ばかりかと思いきや、ドレスの展示などもあって、盛りだくさんで面白かったです。日本だけでなく、海外の布地の紹介などもあり、色々貴重なものを見せてもらえました。日本の布地なら、いくら貴重で高価とはいえ、上布にしろ結城にしろ錦織にしろ売られてるものだから見たり触ったりしたことはありますが、パイナップルの繊維で作られた「ピーニャ」(中国映画のHEROの宮殿で使われてたシフォンのような布はコレだったらしい)など、見たことのないものを見られたのは良い経験になりました。
元町に移動して、「観音屋」でうんまいチーズケーキを食べました。マドレーヌのようなスポンジにトロトロに溶けたチーズ(たぶんグリュイエールとゴーダとラクレットのミックス)が乗ってる珍しいタイプ。あんまり甘くなくて、チーズトーストのよう…トロトロと聞いて、スフレタイプのものを想像してたので、衝撃でした。
そして中華街へ。皆さんの着姿を隠し撮り隠れてへんけど(笑)。
Image396.jpg

元町で中華を頂き、友好を深めました♪
私は華やかな小紋を着て行きました。
Image394.jpg

暖かくなってきたし、春らしい着物が着たいよね?女の子だけの集まりには、かわいい染めが似合うかなぁと思ったのでコレで。帯は、自作の洒落袋。例のやつです。写真では赤紫っぽく見えてますが、もっと赤い感じの臙脂の端切れを半襟にしてみました。大正ロマンといえば長羽織か?と短絡的な考えで深い緑の長羽織をヒラヒラさせて(笑)。
神戸ファッション美術館は、この「着物展」の期間中、着物での来場者は無料とあって、着物の集団がいっぱいでした。そんな周りの着姿を見るのも楽しみつつ、元町に来ると着物の人は全くいなくて、やっぱり神戸は洋服の町なんだなぁと改めて思いました。
とにかく、楽しいオフ会だったので、ぜひこれからも仲良くして頂きたいわぁとゴキゲンで帰ってまいりました
 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2008年03月13日(木) 記事No.450
先日買って来た帯芯で、洒落袋帯を作ってみました。
Image390.jpg

ちょっと色が飛んじゃってますが、右上の柄がお太鼓部分で、左下の方が帯前になります。
地の部分は、桜の樹のような感じで、少し金糸が入っています。光の加減でキラキラ。
柄の部分は、パッチワーク風に友禅がはめ込まれていて、桜のモチーフです。今週末に締めたいなぁと思ったので、昨日頑張って縫い上げました。意外と簡単に(悪戦苦闘はしましたが;)3時間くらいで仕上がったので、洒落袋の可愛いのを見つけたら買いだ!と調子に乗っております(笑)
 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2008年03月08日(土) 記事No.449
岸和田は、実はわたくしホームタウンです。 高校が岸和田にあったので、高校のときから岸和田で遊ぶことが多かったのです。大学に入ってからも、高校の友達と会うのは岸和田だったし。
なんで岸和田に行ったかというと、シネコンがありまして、割引チケットで安く映画を見られたからなんです。昨日から公開の「バンテージ・ポイント」を観てきました。
これが、よくできた映画で、とっても面白かったです。伏線の引き方とか、カメラワークの見せ方とか、ほんとよくできていて、派手なカーチェイスもあったりして、しっかり楽しめました♪

昨日は、緑のお召しで出掛けました。白い帯のなかの赤いお花がポイントです。子供が多かったので、着物は珍しいのか、凝視されることが多かったです(笑)面白いですね。
Image386.jpg

久しぶりの岸和田は、懐かしかったです 。
お散歩マップのようなものがあったので、見てみると、結構歴史的な建造物や、博物館がたくさんあり、面白そうです。前はなかったような…というか、公開されてなかったんでしょうね。今度は、ゆっくり散策してみたいです。桜の頃にまた来よう!
 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2008年03月01日(土) 記事No.448
昨日は、学年末テストの最終日というのもあって、仕事はお休みでした。
手元にある反物を眺めて、先日のセールで買った、かわいい八掛を、どの反物に合わせるか悩んでみたり・・・そうこうしてると、以前に激安で手に入れた袋帯が目に付き、これをどうしようか悩んだ挙句、自分で仕立ててみることにしました。きっと袋帯くらいならできるはずだと思うので。
で、必要なのが帯芯。
京都の烏丸あたりに、帯芯の安いお店があるので、本当はそこに行きたいんだけど、それだけのために出かけるわけにも(笑・でも交通費が浮くぐらい安いの;)。今月か来月には京都に出かける予定があって、そのときにしようかとも思ったけど、仕立てたい帯は桜のモチーフなので、できればその京都行きに締めたいし・・・
こんなことになるなら、先日魚政さんと出かけたセールで買っておくんだった~と思ったものの、時すでに遅し;せめて、あのセールレベルの安さで帯芯を手に入れるべく、船場の問屋さんに出かけました。とりあえず、かなり安く手に入れたのでヨシ。
袋帯がうまくできたら、今度京都に行くときには烏丸で帯芯を仕入れようっと。

昨日は、ものすごく久しぶりに出してきた江戸小紋。色襟をつけてカジュアルダウンさせようと思ってたのだけど、なんだか今日の気分に合わなくて、結局白襟。八寸の帯にお銚子とお猪口の根付をつけて、なんとか・・・
Image379.jpg


昨日はちょっと暖かかったので、久しぶりのやわらかものです。真冬はどうしても、温かい紬を選んでしまうけど、春が近づくにつれ、染めの着物を着たくなるんですよね。紬を着てることが多いのであれですが、実は「染めの着物振興会」をコッソリ作ってるくらいやわらかもん好きなんです、わたし。

先日母から、祖母の形見の鮫小紋を譲ってもらえることになったのですが、よくよく考えると、これと同じような色合いです。私がウサギ好きなのは祖母の影響なんですが、小豆色や藤色が好きなのも、そうなのかもしれません。自分が選んだものと、祖母が昔選んでたものが、偶然似たような色だったということに、ちょっと感動を覚えながら、気分良くお出かけしてきました。

おまけのリュウタ。つるっとした頭が可愛くて、つい。
Image347.jpg
 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。