FC2ブログ

  • 2009年03月 の記事一覧

2009年03月04日(水) 記事No.501
お内裏様は・・・
Image989.jpgImage992.jpgImage990.jpg
リュウタでした(違)
ちゃんと、桃のぼんぼりも添えてみました(笑)

本物はこっち
Image991.jpg
来年こそは7段出してあげようって思うんですけど、2月の末から3月にかけてって忙しくて、なかなか実家でゆっくりお雛様を飾ろうってならないんですよね;え~、来年こそ(汗)


ところで、大阪の新歌舞伎座が、夏に上本町に移転するにあたり、ただいま半年に渡って「さよなら公演」が行われてるわけですが、3月は「坂本冬美&藤あやこ ダブル座長公演」です。
3月1日に行って参りました~~ 1階6列目。端っこでしたが、めちゃ近かったです♪

1部はシェークスピアの「恋はいたずら」を時代劇アレンジ。
あやちゃんはハマリ役のお姫様。冬美ちゃんは双子の兄妹+男装の妹という3役。長門裕之・川野太郎・正司花江師匠らが脇を固める中、まだ2日目というのもあって、お芝居にミスが出るのもご愛嬌♪ベタなネタや脚色は、客席を大いに沸かせました。なんといっても、9割おばちゃんですからね。新喜劇的なベタさが大受けです。冬美ちゃん演じるお兄さんと、あや子姫が恋に落ちるシーンなんか、まるっきり宝塚で、おばちゃんたち「ほ~」って(笑)。確かにキレイでしたけど。

2部は「冬美とあや子の麗しのショータイム」
色違いのお揃いデザインで誂えたという振袖で登場の二人は、実に華やか。帯周りの小物までお揃いで可愛かったです。日頃の仲良しっプリをいかんなく発揮して、冴え渡るおばちゃん転がしトークに客いじり(笑)。「祝い酒」「こころ酒」「あばれ太鼓」「むらさき雨情」と歌ったところで、お色直し。ピンクのドレスでの登場でした。今度は色は同じで、デザイン違い。あやちゃんがデザインしたとか。冬美ちゃんのはフリフリで可愛い系だったのですが、あやちゃんはマーメイドで艶やか…ダンナ大喜びでした(笑) 。猪俣先生の姉妹弟子の二人なので、先生の思い出話に花が咲き「港町ブルース」「京都から博多まで」などメドレー。そのあと、また衣装を変えて着物での熱唱ステージでした。「夜桜お七」「紀ノ川」「アジアの海賊」「雪深々」「赤い糸」「心の襞」。二人とも歌が上手いのは当然ですが、楽しくてパワフルで、何よりもサービス精神が旺盛で、素晴らしい舞台でした。生の冬美ちゃんの歌に、ダンナは感動でしたし、生のあやちゃんのお色気にもKOされておりました(笑)着物でも洋服でも、色っぽい人は色っぽいもんですね~♪

1部も2部も、実に楽しい4時間(休憩30分含む)でした。冬美ちゃんは元気さで、あやちゃんは妖艶さで売ってますが、実のところ、可愛くってお茶目な二人。二人の魅力を堪能して大満足な一日になりました。そういえば、私は川野太郎がめちゃめちゃ好きやったんですよ。昨日、「やっぱり好きやわ~」って思いました。あんな感じの顔とかガタイが好きなんですね、結局(笑)。
新歌舞伎座には、亡くなったおばあちゃんとよく行きました。いっぱい思い出があるので、難波から歌舞伎座が消えるのは、本当に寂しい気分です。でも、こうやって、最後に足を運べて良かったと思いました。 最後の最後の公演は、「杉良太郎・山田純大、親子初共演」・・・それも見たい気がする。3階席の安いチケットで行こうかな。

昨日は暖かくて、あられ模様にウサギの柔らかものに羽織で。
Image982.jpg
おばちゃんたちに「若いのに偉いわね~」とか「きれいに着てるわね~」とか、何度も声をかけられました。 あんま若くはないですけど(笑)好意的だし素直に喜んどこ。
スポンサーサイト



 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 |