--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2005年11月13日(日) 記事No.124
もちろん、着物や帯もとっても素敵ですが…
これが、私の惚れこんだうさぎです。
20051114080301

このやんちゃっぽい表情といい、視線の先に何か面白いものを見つけたような躍動感といい、たまらなく可愛いと思います。良いお値段なので、いや、かなり安くなっているのは分かるのですが、それでも作家ものでかなりのお値段…しかも色味が梔子の根の草木染めで、きれいな群青色…この色は着ない;いくら似合うといわれても、自分がしっくりこない色はチョット;違う色で染めても良いと言われ、かなり心は揺れています(笑)
それで、この方が山田まさき先生。なんと32歳。
200511140806012

笑顔がとっても素敵です。写真の左側に少し写ってるのが、黒地に銀糸の薔薇の織りが入っていて、それに薔薇の友禅染めをされた振袖で、六本木ヒルズのこけらおとしの展示会のロビーに飾られたという代物。東京染めの若手の第一人者のようでです。口調がとても柔らかく、時間を忘れて色々お勉強させていただきました。

例のうさぎの帯を締めていたのですが、20051104090601
先生がこの帯をとても気に入ってくださって、素晴らしい大島の生地に見事な刺繍がされていると誉めていただきました。「刺繍にも良し悪しがあるんですけど、この刺繍はうさぎの毛並みが見事に表現されてていいですね。この大島も手触りが良くてずっと触っていたいですね」なんて誉められて、ちょっと良い気分でした。「裏の八丈も表にできますね~」とおっしゃってくださいました。はい、リバーシブルです。でもうさぎちゃんを裏にするのは勿体無くて;

結局、何も買わなくて申し訳無かったのですが(違う色で染めてもらうかもしれないけど…)、帰りに「楽しかったので。それに本当に着物の好きな方に差し上げたいし。」と言って、こんな額をくださいました。
20051114092100

「ふくろうは不苦労ということで、縁起が良いでしょう?手描きの1点ものですよ(笑)」と言って、にっこり。山田先生、素敵すぎます。
スポンサーサイト
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2005年11月17日(木)
やんちゃなうさぎには私もやられてしまいそうです。
直接染めの先生にお会いできたんですね。
展示会ですか?素敵な優しい先生のようにおみうけできます。
その場で良いものを見つけると諦めるのは至難の業でしょう。やはり染めてお買いになるのでは?(羨)
小鳥 | URL | コメントを編集 | 
2005年11月18日(金)
小鳥さん
う~・・・お金が無いです(泣)
できれば犬が良いんですけど;どうせ染めてもらえるなら犬を描いてって言いそうです…
たかねえ | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。