--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2005年11月29日(火) 記事No.144
20051129094802
手拭バージョンではないです(笑)私の手染め友禅です。リビングの入り口に飾ってみました。

金曜に京都に行った際に、古代友禅会館に行ってきました。院政の発祥の地だそうです。建物はもちろん建てかえられてますが、小さな竹林や紅葉の配置に趣があって素敵なところでした。
20051129091203

着物パスポートで、入館料は無料。京友禅の作られ方が詳しく紹介されていたり、昔の友禅の小袖が展示されていたり、友禅染めの実演がされていたりで面白かったです。信じられないような細かな細工の型紙も展示されていました。
体験コーナーがあって、もちろん別料金なんですが、ぜひやってみようってことで、一緒に行ったせつらんと一大チャレンジを始めました。せつらんは風呂敷を、私は暖簾を作ることにしました。
浮世絵と同じ工法なので、色によって型紙が全部違うわけで、色数分型紙があるんです。私は八色使わせてもらったので、といっても模様が2種類あるので型紙は6×2で12枚くらいありました。ブラシのようなもので色をのせていくのですが、ベタに濃くすれば良いわけではなくて、濃淡を出すほうがキレイになるそうで、ちょっとした力加減で色が変わっていくので、結構難しかったです。でもすごく楽しかった。全部色を入れてから、メリハリを出す白いノリの線を乗せてもらいます(これは職人さんしかできないみたい)。出来上がるまでの所要時間は、だいたい30分くらいなんだけど、素材を選んだり柄を選んだりするのに30分くらいかかってしまいました(笑)
暖簾の右下の白抜き扇は大きくて、くす花模様を選びました。200511290912032
桜やら菊やら可愛いです。こちらは指定の色を使わせてもらいました。
左上の部分にはおめでたく鳳凰にしてみました。20051129091501
こちらの色味が墨や青が多く、右下の柄に合わなかったので、少し色を替えて緑や紫を入れてもらって、優しい色合いにしました。
伝統工芸って、焼き物の絵付けとか、陶芸とかしかしたことがなかったので、良い経験をさせてもらいました。またチャレンジしてみたいです。
スポンサーサイト
愛しの作品 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。