--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2006年01月31日(火) 記事No.195
雨が降るのは明日からだって予報だったのに、朝から大雨;
雨は嫌い…ただでさえ鬱々してる気持ちが更に落ち込みます。
お昼くらいに呉服屋さんが「おわび」に来てくれるというのです。別に呉服屋さんが悪いわけじゃないので、ご遠慮したのですが、どうしてもと言ってくれて。ちゃんとお話できるか自信がなかったので、気持ちを変えようと思って着物を着ました。夕方からは仕事に行かなきゃいけないんだけど;
060131.jpg

紺のウール混の紅型に博多帯を締めました。なんだかあまり物を考えられなくて、とりあえず山吹の半襟、若草の帯揚に常磐色の石付きの帯締を合わせてみました。
呉服屋さんは、ずいぶん謝ってくださいましたが、「お客様を疑うわけにもいかず、これからもお客様ご自身で気をつけていただくしかないです」とのことでした。そんなことは分かっているんです。呉服屋さんが悪いわけではないし、置き引きに遭ったときには、とっても良くしていただいたし、これ以上何も求めてないです。でも「ご自身で気をつけていただくしか」って言われたときに、なんだかプチってなったような気がしました。私が気をつけてなかったからこんなことになったんだって言われたような気がしました。そんなことも、そんなつもりでおっしゃったんじゃないってことも分かってるんだけど、なんだか凹みました。昨日、お医者さんに「世の中、いろんな人がいるから、気をつけんとアカンなぁ」って言われたときは、なんだかホッとしたのに…;
呉服屋さんが、「お詫びに行きます」っておっしゃったときに、無理にでも遠慮した方が良かったかもしれません。う~ん;
ブルーになって着物を脱ぎかけたら、ヤクルトさんがやってきました。
ひゃ~帯を解いちゃったよ~
慌てて、半幅帯を締めました。
060130.jpg

ヤクルトさんは、とっても元気の良い人で、いつも爽やかです。ちょっと元気を貰ったような気がしました。
スポンサーサイト
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(4) |  記事を編集 | 

2006年01月31日(火)
呉服屋さんがお詫びに来たのはきっと気の毒だったのですよ。
ちょっとカチンとくるのは私もわかります。
わざわざそんなこと言いに来るなら来なくて良いと思ったりすることでしょう。
でもきっとあそこの人達はそんなに悪い人達ではなさそうなので、誠実でありたかったのでしょう。
もうわざわざ誤りに来たという行為だけで後は忘れよう。
私の作戦なんですけど、着物を買いましょう。
気に入った着物を買うのです。
きっと気持ちもあがるし、少しは忘れる方向になれるかも。
安くていいから気に入った着物を買おう。
一緒にみにいきましょうか?みるだけでも楽しいかも。
伊勢丹の高級な反物をみるだけで心が踊りましたよ。
でも慌てる事はないです。
ゆっくり自分のペースで自分中心の生活を少しして
安らぎを取り戻してくださいね。
小鳥 | URL | コメントを編集 | 
2006年02月01日(水) そうですね
小鳥さん
ありがとう。そうですよね…
悪い方、悪い方に考えてしまうのはダメですね;
とにかく忘れてしまいたいです。
着物を見に行くのは、きっといいですよね。
近いうちにまた一緒にお出かけしてくださいね。
たかねえ | URL | コメントを編集 | 
2006年02月01日(水)
もちろんですよ。
たかねえさんからお誘いがあるのを楽しみに待っています。

小鳥 | URL | コメントを編集 | 
2006年02月01日(水) ありがとうございます
またお出かけできる日を楽しみにしています。
たかねえ | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。