--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2006年02月22日(水) 記事No.209
あんまり嬉しいので、でっかく載せようっと(笑)
060221-1.jpg

芳町の歯がボロボロになって、さすがにもう履けなくなったので、新しいのを買いました。藤色のボカシの鼻緒をすげてもらってゴキゲンです。ネットで買ってるのですが、足のサイズを細かく測ってからお願いするので、ピッタリのものが届きます。お値段もお手ごろで(←とっても大事)。
私は二枚歯の塗り下駄を「芳町」と呼んでるのですが、これでいいのかチョット不安です。駒下駄という言い方もあるのですが、私の中では同じモノを指してます。関西では駒下駄という方が一般的で、芳町は江戸言葉だと思ってるのですが…正しい知識のある方は御一報ください。
ちなみに、雨用の歯が細くてゴムのついてるのは「利休」だと思ってるのですが、それでいいんでしょうかね?だいたい何で利休なんだろう…?
スポンサーサイト
和モノ |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2006年02月24日(金) 下駄もいろんなのありますよねぇ
「利休」と名がつくものは 千利休が好んで使ってたものが多いらしいです。
ので お茶となにか関係あるのかも・・・。

でもオーダーですげてもらえるっていいですよねぇ。
安いのですかー。いいなあ。
M | URL | コメントを編集 | 
2006年02月24日(金) チョット自慢です(笑)
やっぱり「千利休」なんですかね~
お茶のことはさっぱりなので・・・;

この下駄は四千円くらいでした。オーダーでこの値段は、結構緒安いかと。http://www.rakuten.co.jp/saitokobo/です。
たかねえ | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。