--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2006年03月15日(水) 記事No.226
うさぎさんから、お話があったので、少し草履と下駄の話をしてみようと思います。
一般に、色無地・付け下げ以上には下駄はダメ。それ以下なら、どちらでも良い…と言われています。でもいくら小紋でも、無地風だったり付け下げ風だったり、もしくは友禅だったりお嬢様風だったら、やっぱり下駄はおかしいですよね?つまり基本的には、格とセンスの問題というわけです。
しかし、ここのところ、どんな紬にも小紋にも下駄で良い…どころか、下駄が良いというような風潮が見られて、ちょっとオイオイって感じがします。畳表のものは別として、下駄はあくまで普段着用。ハレとしての着物には、やっぱり草履の方が合うように思います。普段着の延長としての街着なのか、ちょっとお洒落して出かけようと気持ちなのか、全体の雰囲気を大事にしたいと私は思います。
ところで、下駄NGの場所ですが、歌舞練場や演舞場などでは、スリッパを差し出されるなど敬遠されることもあります。公演によって、音のする下駄は良くないこともありますので、私は歌舞伎座などの劇場を含め、下駄では行かないようにしています。草履でダメなところは無いですからね~(笑)ホテルで、下駄はダメと言われることはないと思いますが、お洒落して出かけるなら足元から格を上げようと思うので、私は草履派です。
雨の日のお出かけですが、大降りのとき以外はたいてい草履に雨カバーをして出かけます。ちょっと買物に行くときや大降りの日は、さすがに雨下駄にしますが、舗装されていない道を歩くことがわかってるときは、できるだけ下駄を選びます。足元がグチャグチャなのに草履は嫌ですもんね?
ま、そんなこんなで、奈良行きは洋服で行くことにしたのです。東大寺のことを考えると雨下駄…でも、泥だらけの下駄で奈良ホテルの赤い絨毯を歩きたくない;しかも大降りならポリにしたい…でもせっかくの奈良ホテルには正絹の着物で行きたい…と色んなことが堂々巡りになってしまいました(笑)
付け加えるなら、下駄で長距離歩くと疲れるのです;草履なら少々歩きつづけても平気ですが、下駄は2時間くらいで足の裏が疲れてくるんですよね~その点、歯のある芳町なんかは少しマシなので、下駄はほとんど芳町です。ときどき「草履より下駄のほうが歩きやすい」という人がいるんですが、ある意味尊敬してしまいます。あんまり歩かない人なのかもしれませんね。私はとにかくガンガン歩くので、草履の方が向いてるなぁと思います。しっかり履き回してるんですが、履き潰してしまうくらいですから…あまり高いものは履けません(笑)
スポンサーサイト
着物の知識 |  トラックバック(0) |  コメント(10) |  記事を編集 | 

2006年03月15日(水) ありがとうございます、師匠♪
なるほろ~~。だいたいわかりました!
また質問で、大変恐縮です(^◇^;)
雨下駄って、下駄にカバーが付いてるもののことですか?
それと、下駄は基本的に裸足で履くものだと思うのですが、下駄に足袋も普通にOKなんでしょうか?
浮世絵美人さんたちの足元、雪が降ってても裸足に下駄なんですけど、江戸時代は草履はなかったのですかね???
でも、北海道の冬に裸足で下駄は凍傷必至ですわ(-_-;)

たしかにドロドログチャグチャの道は、草履では歩きたくないです。下駄なら、軽くマットを踏むだけで汚れが落ちるような気がしますね。ホテルとかは、必ずロビーまでの間に泥が落ちるように工夫されているのでその点、いいと思うのですが、音がするのはちょっと、、、ううむ、難しい(-_-;)
パンプスなどもカツンカツンってしますけどねーーー。
うさぎ | URL | コメントを編集 | 
2006年03月15日(水) なるほどなのですー。
劇場は下駄はダメと・・・。
最近 下駄派なので気をつけないと(笑) 

下駄は歩き回る日にはつらいです。本当に「どこでもいいから座りたい」欲求にかられますね。でも「気軽に着物を着てます。」って雰囲気は好きなのです。
M | URL | コメントを編集 | 
2006年03月15日(水)
雨下駄は、「日和」「利休」「日暮」とか色んな名前があるんですが、歯の形状の違いによって呼び方が違うみたいです。前に「爪皮」とか「向掛け」と呼ばれるカバーがついていて、たいていは歯の底にすべり止めのゴムがついていて、鼻緒はビニール製のものが多いです。爪皮だけ売ってくれる所もあって、普通の二枚歯の下駄になら付け外しがきくので便利。雨になりそうなときには、携帯するようにしてます。草履カバーみたいなものです。
下駄には素足…とは限らないですよ。下駄は浴衣のイメージが強いので、素足で履くものだと思いがちですが、足袋を履きます。だって寒いもん(笑)お江戸の人達は、きれいな足が自慢だったので「裸足が粋」と考えて、遊女も町人も裸足だったそうです。愛しい人に凍えた足を暖めてもらう…なんて唄もあります。明治以降の芸者さん達は足袋を履いてるので、そのあたりから定着したんじゃないでしょうか?
江戸時代の草履…藁草履なイメージですが、どうなんでしょうか;おそらく身分の高い人かお金持ちしか履かなかったものと思われます。
たかねえ | URL | コメントを編集 | 
2006年03月15日(水) Mさん
同時だったようで、失礼しました。
NGって言われた事はまだ無いんですが、マナーなのかなと思ってます。気をつけるほうが良いと昔に言われたもので(笑)
下駄は全体をカジュアルな感じにしてくれるので、それはそれで便利なアイテムですよね。私も好きなんですが、疲れるのがどうも;
そうそう、「気軽に着物」!コレが曲者で、なんでもかんでも下駄を履きたがるお嬢様たちがいらっしゃるのでチョット苦笑なのです(爆)
たかねえ | URL | コメントを編集 | 
2006年03月16日(木) ふむふむ
かな~りお勉強になりました。
足元のおしゃれは重要ですよね!でも、下駄はあまり持ってないのです。なぜなら、たぶん寒いからだと思います(^◇^;)
冬場は滑る心配もあるので、下駄を履く機会が少ないんですね~。でも、やっぱり下駄もいいですよね~。ほんとに気軽なカンジがします♪アタシも芳町を買おうと思ってます。
こちらのお嬢さんたちは、下駄というよりサンダル履きで堂々としてらっしゃいますよ~(笑)浴衣=サンダル、着物=ブーツが定番ですヾ(@°▽°@)ノあはは
うさぎ | URL | コメントを編集 | 
2006年03月18日(土)
私は雨草履にしました。下駄も探したのですが、なかなか良いものがお安くないということと、爪皮も持っている下駄にあわないものばかりで。草履より下駄の方が足下が濡れない気がするのですが、まあ、履き替えの足袋を持って行きます。
多分あまりウロウロしないだろうし、ひょっとして、雨が降りそうでふらなかったらどうしよって感じですけど。
そんな時も雨草履履いていってしまって良いのでしょうか?
小鳥 | URL | コメントを編集 | 
2006年03月19日(日) レスが遅くてゴメンナサイ
うさぎさん
着物にブーツは可愛いときもあると思うのですが、サンダルは…洋服と同じなんでしょうね;

小鳥さん
雨予想のときはアリだと思うんですけど、雨予想でカンカン照りになってしまうと、ちょっと悲しいですよね?そんなときのために、草履カバーというのがあるので、見つけたら買っておくのもいいかもです。草履カバーは爪皮と違って、どんな草履にも使えるし、私は折り畳み傘を持っていくときは、腰巻状の雨よけと一緒に持ち歩くようにしています。
たかねえ | URL | コメントを編集 | 
2006年03月21日(火) 日和でした(*^-^*)
たかねえさんに事前に説明してもらったので、よ~~くわかりました(笑)なんかアタシ、たかねえさんの生徒みたいだよね(^◇^;)
先日、すげ職人さんのところで、下駄を見せていただいて、津軽塗りの下駄があったのでv-238(津軽塗りにハマっているのです)「これがいい~~~~!」と言ったら「これは雨下駄だから、雨の日にしか履いちゃダメなの!それでもいいのかっ!」と言われ(^◇^;)そうか、これが雨下駄かーーと納得。
それでもいいから津軽塗りが欲しかったので、日和を買いました。んふふ、嬉しい♪もったいないので雨の日しか履きません。
こっちには、濡れてもいいような鼻緒を選んで、もう一台、歯が台形の八雲塗りの下駄に、うさぎ柄印伝の鼻緒をつけてもらいました。鼻緒はもう好きなの選んでいいからっ!と言われたので、高いのばかり選びました(笑)
舟木さんが丁寧にすげてくれるので、舟木さんが生きている限り、大丈夫だと思います(^◇^;)40代後半なのでまだまだ生きてるだろうと思います!
安い下駄ばかり履かないで、ちゃんとしたのを履きなさいと言われました~~。でも、磨り減っちゃうので安いのと併用します。
ちょっとお店が遠いので、洗いに出した銘仙を受け取りに行くまでに仕上げてもらうことになってます。届いたら、こんなのーーとお見せします♪下駄もけっこう揃った~。
うさぎ | URL | コメントを編集 | 
2006年03月22日(水) うさぎさん
お気に入りが見つかって良かったですね♪
雨下駄は、雨で差し歯が膨らんで、歯が絶対に抜けなくなるという工夫のあったりして雨の日以外には履きにくいものもあるので、それは注意が必要です。
草履も下駄も、靴と一緒で、ローテーションしていかないと、すぐに磨り減ってしまうし痛みも早いです;特に私は、靴の人でもそんなに歩かないだろうっていうくらい歩いてしまうので…
せっかくの津軽塗り、大切に履いてあげてくださいね。
たかねえ | URL | コメントを編集 | 
2006年05月30日(火) I'm research the cheep Japanese Zouri for Female
緊急(6/2に渡航)
傷物で可能、低価格の女性用草履がありませんか?中古品歓迎(外国で使用)
Shimada Tetsuhiko | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。