--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2006年04月03日(月) 記事No.237
母が「持ってるジュエリーを無料でキレイにしてくれるねんて~。真珠も糸を変えてくれるらしいし、一緒に行こう」と誘ってくれたので、お出かけすることにしました。
20060403205116.jpg

京都と同じ半襟と着物です;帯周りだけ変えました~
私の中で一番華やかなコーデです(笑)流水の箔押し入り紫の帯…作家物らしい;落款が入ってるの、今日初めて気づいた…に、二藍くらいの水色に桜の帯揚、お気にのコンビ帯締め。そして今日のメインは、なんといってもMさんに頂いた「柴犬のストラップ」の根付!かわいいワン!

さて、本題のジュエリー展ですが…担当者も職人もデザイナーも「人の話をちゃんと聞け~!」ってキレそうになるのを、グッとこらえながら話してきました。イライラモード全開ですっ 良いものは空き巣で持って行かれたので、事件の後、母に貰ったものと、結婚指輪…というわけで、特に持っていくようなものはないのですが、母に貰った指輪についてる大玉の珊瑚を簪にリフォームしてもらおうかという話になって、その相談と、祖母の形見の真珠のネックレスの糸の交換をお願いしにいきました。もちろん、母は色々持ってきてました。
まず、応対してくれた担当者…新米?って感じで何もわかってません;ジュエリーを並べたトレイを持ってウロウロ…あんたコケたりしたら洒落にならんやろ?う~ん、話にならない;;
そして、洗ったりキレイにしてくれる職人さん…母が「ジルコンなんだけど、気に入ってるので台を変えてカジュアルな指輪にしてほしいんですが」って言ったら、「こちらのダイヤならしても良いですけど、それはもういいんちゃいます?」って。このあたりから私の額には怒りマークが浮かんでたはずなんだけど、祖母の形見の真珠のネックレスの糸替えをお願いしたら、「あ~、これは貝パールっていって、ジュエリーとは呼べませんよ、アクセサリーです。お預かりになるんですけど。」完全に、価値がないから預かってまで糸替えさせるのかっていう態度なわけです。言ってやりました。「祖母の形見なので、思い入れがあるんです。糸が切れたら困るんです。ちゃんと替えてください(怒)」
さらに、珊瑚を相談したデザイナー・・・人の好みも何も聞かずに、「金属加工の簪は無いので」もうこのアタリからおかしい;「台はプラスチックになるんですが、こういった感じのペンダントトップを合わせるとどうですか!」と、もうコレが最高!と言わんばかりに言われてしまい…「プラスチックの台に18万ものダイヤ&ホワイトゴールドのペンダントトップをくっつけるんですか?しかもこんなキラキラした?もっとシンプルにできませんか?」と言ってみたものの、話は通じませんでした。私はシンプルな二股足の頭に大玉の珊瑚を挿したかっただけなのに;;だめだこりゃ;
で、結局、母は持っていったイヤリングの修理(無料)と指輪のサイズ直し(無料)と、その他のもののクリーニング(無料)、そして私の貝パールの糸替え(留め金具代千円)だけしてもらって、ケーキを貰って帰りました。イライラ代です(笑)
こういうジュエリーのリフォームって、着物のお直し会と同じ臭いがします。向こうは、リフォームがしたいわけではなく、それに付随して必要になるものを売りたいわけです。だから、そのオマケを高い値段を出してでも買ってくれるような価値のあるものだけリフォームしたい…もしくは、ついでに新しいデザインのものを買ってほしいわけで、向こうにとって価値の無いものには用がないんですよね。着物もよく「これは直してまで着るほどのものでは~」とか「直すくらいなら同じ値段で新しい反物が買えますから」とか言われます。
価値って何ですか?それは持ち主の私が決めることです。どんなに高価な新品の真珠でも、わたしにとっておばあちゃんの貝パールほどの価値は無いし、どんなにすごい着物でも、母や祖母から貰ったものほどの価値はないのです。リフォームやお直しに持ってくるものって、やっぱり「すごく気に入ってるもの」か「すごく思い入れのあるもの」だと思うんです。そういう個人の価値観がわからないようなお店とは絶対に付き合いたくないと、今日はつくづく思いました。は~、フルスロットルな日でした(笑)

スポンサーサイト
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(7) |  記事を編集 | 

2006年04月04日(火) 展示会ってそんなものですよー。
きっとマニュアルに「客の言うことには耳を傾けず 自分の売りたいものを売れ」というのがあるに違いないです。
しかし・・・このお店に 高価なダイヤやエメラルドのリメイクを頼むと 違う石で返ってきそうですね(笑) 
M | URL | コメントを編集 | 
2006年04月04日(火) Mさん
いや~、展示会経験は腐るほどあるんですが、久々にすごいのに当たりました~;まぁ最近は懇意にしてるところにしか行かないせいもあるんですけどね。
着物はまだしも、石は見分けがつかないから怖いですよね~;こんなところでリメイク頼めないよ~
たかねえ | URL | コメントを編集 | 
2006年04月05日(水) すごい!
私はたまに水に入れると奇麗になるマシンで洗ってまらったりしますが、それもたまたま歩いていてって感じです。
買うようなそぶりもしていなくても洗ってもらって帰ります。
おなおしかいが存在することしら知りませんでした。
嫌な店員に会ってしまいましたね。
着物会よりジュエリー会の方が凄かったり?(笑)
小鳥 | URL | コメントを編集 | 
2006年04月07日(金) 胡散臭いっすね(笑)
ジュエリー関係は避けています(笑)だって、オババくさいデザインばっかなんだもん。本物志向とかいってもやっぱりアタシはデザイン重視、アクセサリーで十分です(^-^)/
着物のお直し会なんてのもあるんですか~~~。
アタシは懇意にしてる呉服屋さんの展示会も今回はお断りしたほど。疲れているときは展示会に行く気力がありません。

話は全然関係ないのですが、写真の着物の紅型、紫陽花が咲いてるんですね~。アタシは6月生まれなせいもあって紫陽花が大好きです。かわいいな~~と思って眺めました~♪
それと、写真ではたかねえさんの胸がデカイ!(笑)
うさぎ | URL | コメントを編集 | 
2006年04月10日(月) レスが遅くなってしまって…
バタバタしてました;申し訳ない

小鳥さん
なんかね、大変でした。
あんまりキレる人いないのかなぁ…高飛車な対応でした。
でも頂いたお土産のケーキはおいしかったです(笑)

うさぎさん
確かにおばさん臭かったかも;ダメだこれは…って思いました。
呉服屋さんのお直し会では、悉皆の方が来てくれて、色々相談にのってくれるというようなものです。そのときは丸洗いが三千円以下になるので、クリーニングだけ出すことが多いです(笑)
この紅型は、桜やら紅葉やら竹やらアジサイやら色々なんですよね~よく見ないと分からないので、色の感じだけで春の着物って決めてしまってます。
胸がデカイのは写真のマジックです(爆)
たかねえ | URL | コメントを編集 | 
2006年04月11日(火) なるほど
先日の「きものクリニック」のようなものですね<お直し会
アタシも丸洗いに出しました(笑)
母の紫陽花着物のシミ抜きをしてもらったときです。怪しげな雰囲気は感じなかったけど(^◇^;)
なんかアタシは着物を着ると胸がペッタンコになるんですよね~。不思議~~~。こんど、ふっくらとなるように着てみようかな~。
うさぎ | URL | コメントを編集 | 
2006年04月12日(水)
うさぎさん
着物のお直し会は、別に怪しくはないと思うんですが…;お直し会によっては、人の気持ちを考えない発言がでるだけで(笑)まぁそんな呉服屋や悉皆の方とは付き合いませんけどね;
胸元に、少し補正をしてみたらどうでしょう?鳩胸な方がきれいな形にはなると思うので、胸を押さえた上で、薄手のガーゼをおりたたんでV字にして胸にあてる…もしくはそれをしてから押さえる…補正をいれるとふっくらなるかも?
たかねえ | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。