--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2006年11月30日(木) 記事No.328
洗いに出してた着物たちが戻ってきました。
ワタシは家で洗えるもの以外は、10回着用を目安に丸洗いか染み抜きに出すようにしています。もちろん、明らかに汚してしまったものは、すぐに染み抜きに出すので、この限りではないですが・・・あと、リサイクル品の最初のシーズンは回数に限らず、お手入れに出します。
夏物と単衣に関しては、やはり「あずま洗い」に出しておいた方がいいだろうと思って、普段お願いしてる「丸洗い」より少し高くつくのですが、「あずま洗い」の方に出しました。「あずま洗い」だと水で洗ってくれるので、石油系の「丸洗い」では落ちない汗も落としてくれるからです。特に今年の夏は暑かったですしね~
以前に頭を痛めてた夏塩沢(染みが黄変してるやつです)について相談したら、かなり落ちるだろうとの返事だったので、ダメもとでお願いしました。そしたら、かなり薄くなって戻ってきてくれました。ところが、着物全体の薄汚れも取れてスッキリしたせいで、やっぱり染みは染みかも~;という感じ(笑)以前よりは目立たないですし、輪染みのようになってた部分もわからなくなってるので、着てしまえばあまりわからないと思います。
他の着物たちもスッキリきれいに仕上げてもらいました。クタクタになってた撫松庵の麻の帯も、パリッと新品のときのような張りを取り戻してました。良かった~(笑)
スポンサーサイト
 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2006年11月30日(木) お手入れ
そうそう、「京洗い」じゃなくて「あずま洗い」のほうですね<水洗い
扱ってるとこ少ないようで、行き付けの呉服屋さんでは出来ないので、別のところに頼むしかありません。面倒(-_-;)

私も夏モノのクリーニングを考えたのですが、絹物は一回ずつしか着てなくて、お召し以外は汗もかかなかったので、とりあえず霧吹きと乾燥で仕舞いました。やっぱ何度か袖を通すほうが経済的ですよねー。
黒い夏お召しというキモノだけが、洗うべきか悩んだのですが、速攻霧吹きで、かなり汗が飛んだような気がします。臭わないし。色も黒いのでシミなどは目立たないし、ということで今シーズンは、夏物を洗いに出しませんでした。
浴衣もクリーニング券をもらったけど、ドライなので、結局自分で洗濯して仕舞いました。水で洗うほうがスッキリしますもん。
ポリの薄物もたくさん着ましたけど、全部自分で洗濯できるのが気に入ってます(^-^)

いつ、洗いに出すかって、けっこう悩みますね~。
とりあえずアタシは、たくさん着ないとですが(^◇^;)
うさぎ | URL | コメントを編集 | 
2006年12月01日(金)
そうなんですよ・・・あずま洗いは扱いが少ないですね~
ワタシも宅急便で送りました;

1回でお手入れに出すのは勿体ないと思ってしまいますよね;
だから夏物は頑張って着ようっていう気になります(笑)

浴衣は、水洗いの指定ってできるんじゃないかなぁ・・・クリーニング券の種類にもよるんだろうけど。でも自分で洗うのが一番ですよね。安心です。
たかねえ | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。