--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2005年04月08日(金) 記事No.34
同じ着物でも帯を変えると、全くイメージが変わります。
同じように、同じ帯でも着物を変えると雰囲気が変わります。
R00_0010.jpg

これは先日の縞の着物に締めていたオフホワイトの帯を大島に合わせたもの。帯揚げは同じですが、帯締めは変えてみました。日曜に着るつもりのコーディネートとは帯締め違いです。見比べてもらうとよく分かると思うんですが、帯締めの色で全体の雰囲気はずいぶん変わるものですね。
次のは、上と同じで着物が大島、帯を紫にしました。
R00_0012.jpg

これは、はじめて大島を着た日のコーディネート。意外と気に入ってます。今度は黒をもってきたいなと思うのですが、これから暑くなってくるのに、黒は厳しいか~
スポンサーサイト
 |  トラックバック(0) |  コメント(3) |  記事を編集 | 

2005年04月11日(月)
たかちゃん
いいねーおばあちゃんの大島。羨ましいです。
ワタシなんか母ちゃんのも着られないもんねぇ・・・
ワタシは下のコーデの方が好み。帯締めに藤色使いたいなーって感じです。
mika | URL | コメントを編集 | 
2005年04月11日(月)
ちょっとだけ昔
小物でイメージが変わるのを初めて身をもって体験したときは、それこそ目がびよよーんて飛び出るぐらいの驚きでした。
懐かしいなあ、あの感動。
大島のコーデ、上のは比較的オーソドックスなカンジですね。
写真だと、お着物の色がはっきりとわからないので残念ですが、帯締めを古代紫にしてみても面白いかも。
帯締め、帯揚げ、ともにカラシ色ってのも良さげー。暗色系紬のキモノには失敗の無い、定番コーデだったりもしますが、意外と好きです。
NANA | URL | コメントを編集 | 
2005年04月12日(火)
コメントありがとうございます!

mikaさん
そうなんです。まさか手直しせずに着られるとは思わなかったので驚きです。自分でやるか直しに出すかって悩んでたのがバカみたいで(笑)
桜を見に行くなら上、藤を見に行くなら下の帯がいいかなぁと思ってます。あとは帯締めと帯揚げをどうするかですな…

NANAさん
小物ってホントにイメージが変わりますよね。
私も成人式の仕事を始めた頃に、ひや~ってなりました。それで、自分の着物でやってみて、またひゃ~って・・・本でよく、「小物や帯で変わる」って話をやってますが、いまいちそうか?って思う時もあるので(だって自分の着物じゃないし、イメージわきにくいから)自分で実感するのが大事ですよね?そういう意味で、ポイントカラーは着物は洋服の比じゃないですわ。
この着物は、茶色なんです。ちょっと明るめのこげ茶。芥子色はよく使います。使いやすいですから。まだ古代紫は合わせたことないですが良さそうですね。葉桜になったころ、少し濃い目の鶯色をもってきたいなぁと思っているところです。
たかねえ | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。