--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2007年04月07日(土) 記事No.391
今回の「阿国」は、新橋演舞場と、南座でしかしないということで、京都までお出かけ。そもそも舞台が四条の河原ですから。もう15年くらい前に見た「阿国」がすごく印象深くて、再演になれば絶対観に行くと決めていたのです!演出がいろいろ変わっていて、今回もまた楽しめました。
上演中から「それっぽいなぁ」とは思ってたのですが、確認するとやっぱり衣装は辻村寿三郎さんでした。シンプルかつ華やかなステキな衣装でした。
春らしく、華やかな着物で行きたいなと思っていたので、白地の紅型で。
070408.jpg

演目が演目だし、南座というのもあって、着物の方は多かったのですが、織の着物が多かったです。染物を着てたのは少数派。やわらかものも着てほしいのです。
上演が終わった頃には、雨になってました;賀茂川の夜桜を眺めて帰ろうと思ってたのですが、本格的に降ってきたので断念;雨を避けつつ帰りました。
スポンサーサイト
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(6) |  記事を編集 | 

2007年04月09日(月) 雨の日はつらいですよね
私も土曜日、南座の前を通過してました。
みたいなあ・・・・と言いつつ、玉三郎さまのチラシだけもらって。
あの日は天気が怪しかったので、染めの着物はやめた方が多かったのかしら。
悉皆やさんに「泥大島なんかはちょっと位の雨ならコートがあれば気にしなくても」
って言われたのでそういうものかと。
でも近藤ようこさんが本の中で歌舞伎座では大島が多いけど、染めの着物を着て欲しい、って言ってらしたので
たかねえさんと一緒ですね。
ひよっこ | URL | コメントを編集 | 
2007年04月10日(火) お着物、大丈夫でしたか?
柔らか物で歌舞伎観賞って素敵ですね。紬は大好きだけど、私もお芝居のときは柔らか物がいいなって思います。ただ、雨になる予定なら・・・考えちゃうなぁ(^^;
下↓の長襦袢の着方、勉強になりました。やっぱりきちんと着たいときには、胸紐に伊達締めをプラスしたほうがいいんですね。着付け教室ではそう習ったんですけど、いつもだと鬱陶しいので最近してませんでした。今度またしてみようと思います。
ゆか | URL | コメントを編集 | 
2007年04月10日(火) 雨の日…
ひよっこさん
ワタシは、雨って大雨以外は気にならないんですよ…ちゃんと雨の準備をしていたら;;;土曜日って、金曜までは雨予報じゃなかったですよね?当日の予報をまったく見ずに大慌てで出かけてしまったものだから、傘すら持っていなかったのですよ(汗)ばかですよね~
ちょっとくらいの雨なら、雨コート&傘で大丈夫ですよ。泥大島だけでなく染めの着物でも平気だと思います。まあ、織の着物にする方が安心ですけどね;
なぜか歌舞伎座とかって、大島の方が多いんですよ。長く座っても皺になりにくいとか実用的な話もあるとは思うんですけど、それだけじゃなく「大島がかっこいい」幻想に取り憑かれてる感じが否めません~(笑)
たかねえ | URL | コメントを編集 | 
2007年04月10日(火) 伊達締め
ゆかさん
紬は紬でいいんですけど、柔らかモノの良さも知ってほしいなと思う今日この頃なのです(笑)・・・今日この頃というより、ワタシは比較的ずっとそうなんですけど;染めの着物振興会です(笑)
長襦袢の話、参考にしていただけたなら幸いです。ワタシも伊達締めは省略することが多いですが、キチンと着たいときは伊達締めをすると、やっぱり全然違いますよ~
たかねえ | URL | コメントを編集 | 
2007年04月10日(火) 染めの着物振興会(笑)
はい(^-^)/ 入会しますーーーー(笑)
アタシもやわらかモノのほうが好きですね~。だって、キモノらしいから。たぽたぽしてるのがたまらないです。
襦袢に伊達締めって省略する場合も多いのですか?
アタシはずっとしなければならないものだと思い込んでいました(^^;
うさぎ | URL | コメントを編集 | 
2007年04月11日(水) 入会希望者募集~(笑)
うさぎさん
入会、ありがとうございます♪
織の着物も染めの着物も大好きですけど、「染めの方がキモノらしい」という感覚もよくわかります。絹の柔らかさが実感できるんですよね~これからも染めの良さを広めていきましょー!←なにものだ?(笑)
伊達締めは胸紐をきちんとしてれば、省略可能ですよ~私は状況によって長着の伊達締めも省いちゃう(汗)長襦袢も長着もコーリンベルトだけってこともあります。脇やら胸元にタルミができるのでお勧めはしませんが;長襦袢の方の処理をキレイにできれば、長襦袢の伊達締めはなくても大丈夫ですよん。
たかねえ | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。