--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2008年01月20日(日) 記事No.441
先日、呉服屋さんからDMがきました。「展示会をするのでお運びください」といういつものDMだろうと思いつつ、開けてみると「2月末に閉店します」というお知らせでした。それで、閉店セール前のお得意様セールをするのでみにきてね!という内容でした。結局DMじゃん(笑)
良いものを見ないと感性は養われませんし、触れる機会に触って勉強しないと知識も増えませんから、行きますよ~展示会。今回のセール特典が「5万円分の商品券(ただし5万円以上のお買い物に限ります)」だったので、5万5千円くらいのものなら買ってもいいかな~なんて気分で、昨日出かけました。きっと、10万円クラスからしか置いてないんだろうと思っていったら、案の定でした。前に「可愛いなぁ、もっと安かったら買うんだけどなぁ」と思っていた名古屋帯があって、それが以前店頭価格で7万くらいだったので、セールなら6万を切ってくるだろうという予測があったのですが、そのシリーズの帯は奥にしまわれているようでした。ちっ

昨日の着物は、再び先日の宝尽くし。ほんと、この次期しか出番が無いので、ヘビロかかってます。
Image293.jpg

雪兎の袋帯で。久しぶりに羽織を着た状態で写真とってみました。

それで昨日は、染めの作家さんとお話をさせてもらいました。滋賀県の郷野という地方の変り織の紬を染めてらっしゃる方でした。郷野紬は糸が変わっていて、よく真綿の糸と生糸を撚りあわせたのを見ますが、撚りあわすのではなく、真綿の糸に生糸を巻きつけてコーティングしたような糸で、反物の肌触りがとてもよくて、ちょうど真綿紬と柔らかモノの良いとこどりをした感じ。後染めの織の反物も、たくさん見てきましたが、ダントツの気持ちよさですし、染めの発色もよくて、深みのある色合いに染まっていました。着物に仕立てて纏えば、きっとすごく気持ちのいいものだろうと思います。いい物を見せてもらいました♪

色んな作家さんや織元さんのお話は、その土地その方のコダワリだったりご苦労だったり、専門的なお話だったり。なかなか伺える話ではないので、とても貴重なものです。
毎回、展示会には作家の方がいらっしゃるので、お話させてもらうのはとても楽しかったです。だから、この呉服屋さんが閉店してしまうと、その機会がすごく少なくなるということので、ショック大。閉店といっても移転されるので、行こうと思えば行けるのですが、沿線が違うので面倒なのです;

だから、このお店が移転するのは本当に残念に思っていたのです…

でも、昨日展示会のヘルプに来ていたスタッフの方と少し話していて、「なんだか、違うかも」と思ってしまいました。お店のスタッフとは仲良くさせてもらってたし、私の考え方もよくわかってくれているので良かったのですが、ヘルプにやってくるスタッフというのは、いわば凄腕がやってくるわけで、その人がこういう考え方でお客と接する店は嫌だなぁと思ってしまったのです。
そのヘルプスタッフは、私に執拗に無地紬を勧めてきました。(買う気ゼロですけど)
「染めの着物もいいけど、紬もいいですよ。無地だと帯遊びもしやすいですし。今日お召しのようなお着物だと、帯を変えても結局印象は変わらないでしょう?」(←失礼な話だ;そりゃそうだけど、そんなこと言う?この着物に関しては、「宝尽くし」っていう印象を変える気なんてないですけど)
と、ベージュの反物に、3本の帯を並べて、いかに印象が変わるか見せてくれるのです。言っちゃ悪いけど、着物を着る人なら、誰でも知ってることじゃね?しかもその趣味が悪い;かなり辟易しました。たぶん、私はすごく不機嫌な顔をしていたと思うのですが、そんなことは意に介さず、延々と。で、
「無地の着物も、紬も持ってます。無地の着物の良さも十分よくわかってます。でも、私はこういうシンプルモードな着方ではなく、あくまで私らしく着物を着ていきたいんです。ハヤリに迎合したくもないですし。」
と言ったところ、
「でもね、七緒でもとりあげられてますしね、今は洋服感覚でシンプルに着物を楽しんでもらうのがセンスの良い…」
ときました。洋服感覚?
そもそも、今日の服は何にしよう?と思ったときに、ワンピースを選ぶのと同じように和服を選ぶという選択肢の一つという意味での「洋服感覚」なら大歓迎ですが、色彩合わせだったり柄合わせだったりを、いつも「洋服感覚」では、何のための和服?って思ってしまう。洋服ではできないことをできるのが、和服の楽しいところだと私は思ってるので、
「それはそれで、素敵だと思いますけど、私にはそれが最高だとは思えないので…」
というと、なんで?って顔をされました。
「あなたの言うセンスってなんですか?話が噛みあわないようなので失礼します」と帰ってきてしまいましたよ; すごく気分が悪い!
七緒を否定する気はないのですが、七緒のセンスってそんなに最高ですか?そもそも雑誌とかの影響をあまり受けない我が道な人間なので、その良さを私がわからないだけなのかもしれないんですが。確かに着物を着始めた人には、とってもわかりやすい雑誌だと思いますし、扉を大きく開いたという功績も大きいと思います。前にも書いたことがあると思うんだけど「目立たないように」とか「悪目立ちしないために」とか、そういう言葉がよく見受けられて、ときどきホントに嫌になります。現状では、どんな着物で、どんな着方をしようが、着物を着たら目立ってしまいます。残念なことだと思いますが、それは覚悟の上じゃないんでしょうか?…洋服での感覚をそのまま持ち込むのもいいと思いますが、和服という日本文化を、もっと真正面から捉えてもいいのではないかと思うのです。七緒は以前「はんなり」の意味を履き違えてたし、染めの着物を「ださい」呼ばわりしたこともあるので、そもそも日本文化を語ることはできないかもしれませんけど;

でも結局は、問題は七緒にあるのではなくて、それを受け取る読者側にあるのだとは思います。全て正しいことが書いてあるとは限らないわけで、情報をキチンと取捨選択することが求められるのでしょうね。無地の着物も素敵だし、シンプルに着るのもいい。でもそれが絶対ではなくて、選択肢の一つにすぎないということを、もっとアピールしてもらいたいと思うのです。
というか、私は、アピールしていきたいと思います。←何者?
とりあえず、情報に踊らされてる呉服屋との付き合いはヤメにします(笑)
客に自分の好みを押し付けてどうするんだよ;ねぇ?

ついでに載せちゃおう、先日のおうち着物。
Image298.jpg

絞りの反物で羽織を仕立てたあまりで作られた帯。羽織とセットでもらったのだけど、羽織の裄出しができてないので、羽織はまだ出番ナシですが、帯は大活躍。渋系の着物を一気に可愛らしくしてくれます(笑)
スポンサーサイト
 |  トラックバック(0) |  コメント(10) |  記事を編集 | 

2008年01月20日(日) 伝統を大切に♪
怒涛の更新お疲れさまです(`・ω・´)
黒地に宝尽くしって本当にかわいいですね~。私もほすぃ。かわいいけれど伝統柄なので年齢的にもかなりいけますよね。そういうところも着物の良さかなと思います。
私も展示会でいろいろ勉強させてもらうので、そういう機会が減るのは痛いですね。お店独自で開催するところって少ないですもんね。大きな展示会だと会場費がかかってる分、お値段高くて話にならないし。
雑誌などに書かれていることは参考にしつつ、実際に自分の目で見て触って、ということは重要だと私も思いますよ。見ないと分からないことってたくさんありますし、職人さんの文化を守るためにも必要です。
ヘルプで来る人って知識は豊富だけど、お店のスタッフに比べたらお客さんの嗜好なんかにはまるで疎いので、そのあたり自覚してる人じゃないと優秀とは言えんのよ(ノ∀`) あちこち回る作家さんは、まずお店のスタッフにお客さんの傾向を尋ねたりしてますもんね。
洋服感覚って、配色とかのセンスを言うのかと思ってたんだけど、違うのかな?着物には着物の良さがあるのに、洋服的に着こなしても面白くないじゃん、とか思うんですけどねぇ。
でも、去年、電車の中で、鬼瓦みたいな顔した60代とおぼしきおばちゃんが、ピンク色の派手~~~な訪問着を堂々と着てたのには、目が釘付け!あまりの似合わなさに悪目立ちして悲惨だったす。一緒にいた友人に感想を尋ねると「着物だからなんでもいいと思ってるのよ、そういう人多いのよ」
こういう勘違いをこそ、是正すべきじゃね?痛い人多くて、見てると恥ずかしいよ(´・ω・`)
豆モチ | URL | コメントを編集 | 
2008年01月20日(日) 場面が眼に浮かぶ
お久しぶりです。あけましておめでとうございます。
場面が眼にうかんできてしまいました。(笑)
確かに色々言ってくる人しんどいですね。自分の個性や好きなものを知っている人がしてくれる助言には耳を貸しても・・・と思いますが。
七緒信者いるんですねー。まぁ見やすい着物雑誌だし。
でも皆が皆それじゃつまらないですね。
mika | URL | コメントを編集 | 
2008年01月21日(月) 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  | コメントを編集 | 
2008年01月21日(月) 豆モチさん
わはは♪ちょっと頑張りました。
展示会は、本当にいい勉強の機会なので、移転してもお付き合いは続けようかと思ってただけに残念です;
ヘルプに来てる凄腕のはずの人がコレでは、買う気があったとしても失せてしまいますよね~困ったものです。
>洋服感覚って、配色とかのセンスを言うのかと思ってたんだけど
そうだと思います。言葉が足りなくてごめんなさい;
洋服の配色のセンスで着るのが今風!的な言い方をされたので、そういう意味での洋服感覚は歓迎できないと書きたかったのです…

着物だったら何でもいい…そんな風にはなりたくないですね(汗)ならないと思うけど(笑)
似合う似合わないはチャンと考えよう!そういう悪目立ちの人がいるせいで、着物全般の「悪目立ち」みたいな風潮を七緒に書かれちゃうんですよね~
たかねえ | URL | コメントを編集 | 
2008年01月21日(月) mikaさん
お久しぶりです。
色々言ってくる人や必死で売ろうとする販売員をかわす代償として(笑)、素晴らしい工芸品を実際に手に取れるのでしょうね(笑)
しかし、まさか呉服屋さんで七緒信者に会うとは思いませんでした。一般の人と違って、上からモノを言ってくるのでタチが悪いです。物を売ろうとする立場とは思えません;
七緒信者も空美信者も、信者になった時点でその人らしさはどこかに行ってしまうと思うんです。それはそれで安心なんでしょうけど。一つの選択肢として楽しんだらいいと思うんですけどね~
たかねえ | URL | コメントを編集 | 
2008年01月21日(月)
シークレットでコメントを下さった方へ

お名前を載せても良いのかどうか迷ったので、こんな形でごめんなさい。
展示会は「げんなり」「ぐったり」するんですが、素晴らしいものを実際に目にして手に取れる貴重な機会なので、嫌な気分になりたくないですよね。それに、そのとき買わなくても、いつか買ってくれるお客・・・という意味では、無理な売込みをかけて、お店の印象を悪くしたり、着物自体を嫌になられたら元も子もないと思うのですが、呉服屋さんってわかってないなぁって思うことが多いです(笑)

5万円、使ってやろうと思ったんですけどね~(笑)
また良かったら覗きに来てくださいね!
たかねえ | URL | コメントを編集 | 
2008年01月23日(水)
久しぶりにコメントします。

私から見れば、たかねえぐらいに慣れた人でも、展示会で嫌な思いをするのか?それとも、慣れた人だからこそ、嫌な思いをするのか?と…。

たかねえもご存知の通り、母の和箪笥を私物化している状況に加えて、知人から着物やら帯やら貰って満足しているのですが、もっと沢山の素材を見たいという気持ちはあります。
しかし、最初に行った展示会で、私の好みや、形を『それはまだ早い』と一刀両断された苦い思い出があります。
最初の着物はコレ!と、押し付けられて…好みに近づけるように勧めてください。と、お願いした記憶があります。

まだまだ初心者で、わからないことだらけですし、販売員に聞きたいことも沢山ありますが、店員さんが、まだ怖くて呉服屋ではゆっくり見れないのが現状です。
自分の中で取捨選択する自信もありませんから、着物の雑誌は敢えて見ないようにしています。
自分の好みにやや近づいてきましたが、(というより、慣れたのかな?)先入観には惑わされずに、のんびり着物を楽しみたいと思っています。
それでなくても、たかねえを始め、着物を知っている人から、色々ご指導いただけますから(笑)

そういえば、天満?に勧めない、声をかけない呉服屋が出来たとか。
洋服感覚で着物を販売する時代になったんでしょうね~?

かにちゃーはん | URL | コメントを編集 | 
2008年01月23日(水)
お久しぶりです!
まだ着物を着る習慣が無い頃に某大手の展示会にて
攻め攻め攻撃にあい、イラッとして泣きそうになったことがあるんで
展示会恐怖症は克服できそうにありません。
良心的な呉服屋さんなら会場にいらしている作家さんも本物でためになる話も聞けるのでしょうが、
悪い業者のセールだと偽者も多いのだそうで。

呉服屋さんが七緒っぽいコーデを勧めるとはびっくりですね。
セールストークのネタとして使っただけで、実は読んだことなかったりして。笑
洋服ぽいって、あれだ、ベージュの紬に茶色の帯、みたいな。
それはそれで上品で良いですけどね。押しつけられても困りますね。
シバタン | URL | コメントを編集 | 
2008年01月25日(金) かにちゃーはんさん
なぜか呉服屋さんは上から目線で物を言いますよね;
展示会で嫌な思いをするのは、それでだと思います。
もし、馴染みの呉服屋さんでなければ、たぶん私はバシっと言ってやったと思うんですよね~・・・でも、ここの呉服屋さんとはもう会わないだろうし、今後のためにも一言言ってやる方が良かったのかもしれません。
よかったら今度、一緒に展示会に行って、いろいろ触ってみませんか?
嫌な思いをすることも多いけど、収穫も一杯ありますよ~
たかねえ | URL | コメントを編集 | 
2008年01月25日(金) シバタンさん
そうそう、偽物も多いんですよ;
だから、わざと意地悪な質問をするときもあります(笑)
私は、展示会は勉強するところって割り切ってる部分があるので、聞きたいことは徹底的に聞くし、どうでもいいことは聞き流してるのですが、今回はチョット聞き流せないわ~って思っちゃいました。
七緒のコーデは、ある意味シンプルで着易いと思うので、それはそれなんですが、まさかの押し付けでした;
たかねえ | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。