--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2008年01月27日(日) 記事No.442
大阪でも、氷点下の声が聞かれるようになりました。寒くなりましたね~
寒~い・・・と思いながら、結城を出すのはやめました。
ダンナと炉端に行くことにしたからです。

前々回行ったときに、ちょっとしたトラブルがあったので、しばらく顔を出していなかったのですが、先日行ったところ、トラブルのあった店長が丁寧に挨拶してくれて、「店を移ることになったので、その前に挨拶したかったので、来て頂けてよかったです」とのこと。
その話をダンナにしたところ、じゃあまた店長が変わって、どうなってるか視察に行こうかという話になったのです。

炭火で焼かれてたり、七輪で焼いたりする店だし、大賑わいで煙草の煙も多いので、もう洗いに出すことが決定している紬で行くことにしました。
というのも結城は、春に洗い張りに出して、夏に仕立て直してもらって、秋に返ってきたばかり…初出しが炉端なのもチョット気がひけて;
結局、このお馴染みの紺の紬に、1月限定の帯で。
Image304.jpg

せっかく天王寺に行くんだったら、近鉄百貨店でやってるリサイクル着物市にも行こうと思って、ダンナより一足先に天王寺入り。半時間ほどウロウロしました。
良いものはたくさんありましたが、「お!」と思うものは予算の10倍以上します(笑)おばさま店員の「買え買え攻撃」をすり抜けつつ、「リサイクル市って言いながら、半分以上新品やん」とコッソリお怒りモードでダンナと合流。炉端のお店に向かいました。

昨日は「おいしい魚が食べたい」というダンナのリクエストだったので、まずはお造りの盛り合わせから。新しい店長さんも威勢のいいお兄ちゃんで、快く客のワガママをきいてくれました。
「ババア」という魚がオススメだと言うので、どんな魚か聞いたところ、ゲンゲという魚の一種で鳥取では「ババア」というあだ名で呼ばれているんだそう。かなり大きな魚で脂が乗ってて、アンコウみたいな皮にコラーゲンがたっぷり…と聞けば、頼まずにはいられない(笑)店長が「絶対煮付け」と言うので、煮付けにしてもらいました。
Image306.jpg

サービスなのかな?顔がドーンと乗ってました。顔の周りの皮にはプルプルのコラーゲンがたっぷりトロトロで、めっちゃ旨かったっすー♪
私はもちろん日本酒で。岡山の「美作」(私は御前酒という方が馴染深いんだけど、この店では美作と呼んでます)を頂き、最後に「奈良萬」で締めるつもりで2杯目を「春鹿」の封印酒にしたのに、なんだかお腹がいっぱいになってしまって、飲みたかった「奈良萬」を飲めず
ちょっと悔しかったです;

そうそう、先日ヘアアイロンが激安だったので買ったのですが、これで毛先をカールしてアップにしたところ、まとめやすかったです。私は、美容師が惚れ惚れしてくれるようなストレートな髪なのに、ホットカーラーを使うのが面倒臭くてそのままアップにしてるので、アップにするのに余計な手間がかかってたのですが、簡単にまとまりました。
Image305.jpg

いつもは巻き込んでしまう毛先を、さらにアイロンでクルクル巻いてみたら、華やかなアップスタイルになりました♪
スポンサーサイト
 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2008年01月28日(月) ゲンゲの煮付け
これぷるぷるコラーゲンって感じで美味しいですよね。
あと、なんだっかな、深海魚でぷるぷるなのもありますよ。美容的に女性に人気とか。
たかねえさんも超絶ストレートなんですねー。話に聞くとパーマかかってるほうがまとめ髪作りやすいって聞きました。でも、きれいにアップにされてますね。
雰囲気はすごく良いと思うけど、私には似合わないので昨日、短くカットしちゃいました。ツンツンです♪
このスタイルが似合う顔のたかねえさんがうらやましいです。

着物の洗い、どの頻度で出してますか?
まだ、新品を洗いに出したことがなくて、そろそろかなーと思うんですけど、どれも1~3回程度しか着てないんですよね。汗もかかないし、汚れもなくて。。。
でも、この前着たのは1年前とかって感じだから、お手入れしたほうがいいのかな。。。
豆モチ | URL | コメントを編集 | 
2008年01月29日(火) 豆モチさん
ホットカーラーや、ヘアアイロンでクルクルにしてからアップにすると、やっぱりあげやすいので、パーマがかかってると楽だろうなとは思います。
でも、普段はストレートが好きなのと、パーマで負荷をかけたくないので(笑)

着物の洗い・・・3回くらいの着用で、特に汗も汚れも無いなら、もうしばらくそのまま着てもいいと思いますよ。物にもよると思うんですけど。
私は、一番大事な訪問着は、そのシーズンに着たら、シーズンオフに専門家にチェックしてもらってます。染み抜きだけとか、必要な処置の方法を教えてくれますから。
でもそれ以外のものは、10回とか20回とか着てから考える・・・って感じです。もちろん汚れがあったりすれば、その時々ですけど。この紺の紬は、年末の忘年会で汚れた自覚があるので(笑)、まだ2シーズン目ですけど、早々のお手入れ行きです;
もちろん夏物と単衣は、かなり汗を吸ってるので例外で、正絹のものは着用回数が少なくても、シーズンが終わったら手入れに出すようにしてます。
たかねえ | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。