--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2008年03月01日(土) 記事No.448
昨日は、学年末テストの最終日というのもあって、仕事はお休みでした。
手元にある反物を眺めて、先日のセールで買った、かわいい八掛を、どの反物に合わせるか悩んでみたり・・・そうこうしてると、以前に激安で手に入れた袋帯が目に付き、これをどうしようか悩んだ挙句、自分で仕立ててみることにしました。きっと袋帯くらいならできるはずだと思うので。
で、必要なのが帯芯。
京都の烏丸あたりに、帯芯の安いお店があるので、本当はそこに行きたいんだけど、それだけのために出かけるわけにも(笑・でも交通費が浮くぐらい安いの;)。今月か来月には京都に出かける予定があって、そのときにしようかとも思ったけど、仕立てたい帯は桜のモチーフなので、できればその京都行きに締めたいし・・・
こんなことになるなら、先日魚政さんと出かけたセールで買っておくんだった~と思ったものの、時すでに遅し;せめて、あのセールレベルの安さで帯芯を手に入れるべく、船場の問屋さんに出かけました。とりあえず、かなり安く手に入れたのでヨシ。
袋帯がうまくできたら、今度京都に行くときには烏丸で帯芯を仕入れようっと。

昨日は、ものすごく久しぶりに出してきた江戸小紋。色襟をつけてカジュアルダウンさせようと思ってたのだけど、なんだか今日の気分に合わなくて、結局白襟。八寸の帯にお銚子とお猪口の根付をつけて、なんとか・・・
Image379.jpg


昨日はちょっと暖かかったので、久しぶりのやわらかものです。真冬はどうしても、温かい紬を選んでしまうけど、春が近づくにつれ、染めの着物を着たくなるんですよね。紬を着てることが多いのであれですが、実は「染めの着物振興会」をコッソリ作ってるくらいやわらかもん好きなんです、わたし。

先日母から、祖母の形見の鮫小紋を譲ってもらえることになったのですが、よくよく考えると、これと同じような色合いです。私がウサギ好きなのは祖母の影響なんですが、小豆色や藤色が好きなのも、そうなのかもしれません。自分が選んだものと、祖母が昔選んでたものが、偶然似たような色だったということに、ちょっと感動を覚えながら、気分良くお出かけしてきました。

おまけのリュウタ。つるっとした頭が可愛くて、つい。
Image347.jpg
スポンサーサイト
 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2008年03月02日(日) はじめまして
江戸小紋素敵ですね。
今のところ、私は持ってないんですが、自分のを作るなら模様は何にしよう…と考えるだけでも楽しいです。
染めの着物は、「はんなり」感があるところが好きです(まあ、渋いのもあるけど)。
着物関係で、いろいろなスタイリストさんやエッセイストさんの本が出ていて、たまに読みますが、「紬至上主義!」のような風潮が少なからずあるのが残念というか、「何もそこまでしなくても…」って気がするので(^^;)、染めも織りも楽しまれるたかねえ様のスタンスには共感できます。
ささ | URL | コメントを編集 | 
2008年03月02日(日) ささ様
はじめまして!コメントありがとうございます。
そうそう、そうなんですよ。「紬が素敵で、染めのはダサい」的な書き方のものが結構ありますよね;
どちらにも魅力のあるものだと思うので、そのどちらかを否定してしまうような方向性は好きではないなぁと常々思っています。特に、紬至上主義に扇動(というか洗脳)されてしまう方々のなかには、染めの着物を羽織ったこともないのに、アンチに回っていくのが悲しくって・・・
共感していただけて嬉しいです。よかったら、また遊びに来てくださいね!
たかねえ | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。