--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2008年03月15日(土) 記事No.451
オフ会でした。初対面の方もいらしてドキドキでありました。
オフ会のメインは、神戸ファッション美術館で開かれた「大正昭和のお出かけ着物」展だったので、着物好きの女性4人で「これが好き」の、「あれが欲しい」のと、おしゃべりも楽しく…。大正昭和の銘仙などの着物ばかりかと思いきや、ドレスの展示などもあって、盛りだくさんで面白かったです。日本だけでなく、海外の布地の紹介などもあり、色々貴重なものを見せてもらえました。日本の布地なら、いくら貴重で高価とはいえ、上布にしろ結城にしろ錦織にしろ売られてるものだから見たり触ったりしたことはありますが、パイナップルの繊維で作られた「ピーニャ」(中国映画のHEROの宮殿で使われてたシフォンのような布はコレだったらしい)など、見たことのないものを見られたのは良い経験になりました。
元町に移動して、「観音屋」でうんまいチーズケーキを食べました。マドレーヌのようなスポンジにトロトロに溶けたチーズ(たぶんグリュイエールとゴーダとラクレットのミックス)が乗ってる珍しいタイプ。あんまり甘くなくて、チーズトーストのよう…トロトロと聞いて、スフレタイプのものを想像してたので、衝撃でした。
そして中華街へ。皆さんの着姿を隠し撮り隠れてへんけど(笑)。
Image396.jpg

元町で中華を頂き、友好を深めました♪
私は華やかな小紋を着て行きました。
Image394.jpg

暖かくなってきたし、春らしい着物が着たいよね?女の子だけの集まりには、かわいい染めが似合うかなぁと思ったのでコレで。帯は、自作の洒落袋。例のやつです。写真では赤紫っぽく見えてますが、もっと赤い感じの臙脂の端切れを半襟にしてみました。大正ロマンといえば長羽織か?と短絡的な考えで深い緑の長羽織をヒラヒラさせて(笑)。
神戸ファッション美術館は、この「着物展」の期間中、着物での来場者は無料とあって、着物の集団がいっぱいでした。そんな周りの着姿を見るのも楽しみつつ、元町に来ると着物の人は全くいなくて、やっぱり神戸は洋服の町なんだなぁと改めて思いました。
とにかく、楽しいオフ会だったので、ぜひこれからも仲良くして頂きたいわぁとゴキゲンで帰ってまいりました
スポンサーサイト
 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。