--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2008年04月28日(月) 記事No.458
先週はめばちこ(ものもらい)で目が腫れてしまって苦しみましたが、日曜にようやく完治して、コンタクトも入るようになったので、ビューティバーのお酒の会に参加してきました。蔵人さんをお招きしてのワークショップです。
6種類(かな?)のお酒を飲み比べさせてもらいました。蔵元さんとしては、知ってるというか飲んだことのあるものでしたが、飲んだことのあるお酒もあれば、飲んだことのないものもあって、楽しかったです。手取川さんのあらばしりは初めてでしたが、あらばしりにしては丸みもあるよくできたお酒でした。でも、結局のところ、大治郎さんの純米のちょい熟成が一番好きでした。やっぱりこの手の味が好きなのね~♪
講師の蔵人さんが、とっても気さくで話しやすく、お話に共感できたのも大きなポイントでした。「冷蔵庫から出してすぐのお酒は温度が低すぎて味が出ない。少し置いて温度が上がった頃が、味の深さも香りもよい。料理屋さんは、そこまで考えてほしい」という趣旨のお話が、まさにいつも思ってることだったので、そうそう!って。外で飲むときは冷たいなぁって感じることが多いんですよね~まぁ、冷たい方が飲み飽きないんだとは思うんですけど;
日頃、家で飲むときは、2合くらいお銚子に出して置いておき、別にすぐ飲む用のものをグラスに出して飲むことが多いです。だって我慢できないし(笑)で、ちょっと温度の上がったあたりのお酒を1合楽しみ、ほぼ常温になったのをまた1合楽しむといった感じです。お酒によっては、ぬる燗にすることも。まさにベストな飲み方をしてた?

この会には、着物姿での参加者の方が3名いらして、それぞれに可愛らしく着てらっしゃいました。みんな柔らかもので、振興会会長(?笑)としては嬉しくなりました~♪
14437083_2336152105.jpg

左の方は、そのうちのお1人です。綸子のしなやかなお着物でした。私は、造幣局に行ったときと同じ大島に、柴犬半襟を合わせて、紅型の帯を銀座にしめました。帯揚げは浅葱色、帯締めは紫の伊賀組でした。

Kuhnという雑貨屋さんにも寄りました。ビューティバーの方の紹介でお邪魔したのですが、店主さんとプロレスやら格闘技話で大盛り上がりでした(笑)お店は、とっても可愛らしい雑貨が一杯で・・・目移りする中、黒猫ちゃんに一目惚れ。
Image508.jpg

4本の足に磁石が入ってるので、ポールなんかにつけると、とっても可愛いです。どこにつけようかなぁ・・・
スポンサーサイト
 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。