--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2008年10月05日(日) 記事No.473
日本吟醸酒協会の試飲会「秋の吟醸酒を楽しむ会」に行ってきました。
吟醸酒においしいものが多いのはわかってるのですが、自分の好みとして、あまり削ってないものの方が好きなので、この会もしばらく参加してなかったのです(ここ数年は精神的に体調が良くなかったのもあったのですが;)。でも、改めて参加されてる蔵元さんを確認すると、大好きな蔵元さんがいっぱい参加されてるじゃないですか!なかには、純米酒や本醸造酒ばかり飲んでて、この蔵の大吟醸って飲んだことないわ~てなところも(笑)

ビューティバーの店主を誘って出掛けました。二人とも華やかな着物を着てたので、なにやら写真を撮られまくってました(笑)。特に外人さんに大人気だったみたいでした。外人さんが結構たくさん参加されてたのも面白かったです。 試飲会では何が起きるかわからないのでポリ。いったん袷の着物を着たのですが暑くて写真の単衣に着替えました。先月着れなかったウサギ♪
Image725.jpg

さてさて、お酒ですが、60の蔵元さんが参加されてまして、それぞれ5種類ほどのお酒を出品されていました。「吟醸酒の会」なので、大吟醸・純米大吟醸・吟醸・純米吟醸のお酒ばかりです。でも、ろ過の有無・火入れの有無・加水の有無・貯蔵年数の差・ひやおろしなど、さまざまのものが出品されていました。リストには3本しか載せられてなくても、実際には鑑評会用に作ったものを飲ませてくれたりもするし、ぬる燗につけてくださってるコーナーもあったりするので、約400種類の吟醸酒を楽しめる状態だったと思われます。
20の蔵元さんを回り、だいたい2種類くらいの味を見せてもらい・・・といっても、気に入ったところではアレもコレもと味を見せてもらい(笑)利き酒なんだから含んで捨てるとか、全部飲まないとかすればいいのに「もったいない;」と全部飲んでしまうあたり(汗)途中、水で口を洗いつつ、外へ出てチーズなんぞを齧りつつ、一応最後まで味を確認できたと思います。たぶん;

好みに合うか合わないかということはありますが、どの蔵元さんも熱気が感じられ、美味しく頂戴しました。
なかでも私の個人的なポイントが非常に高かったのは、(敬称略)
福島 末廣酒造 大吟醸中汲み玄宰
山梨 山梨銘醸 七賢大吟醸生原酒
静岡 土井酒造 開運大吟醸波瀬正吉
鳥取 千代むすび酒造 純米吟醸強力ひやおろし
でした。
いずれも、純米酒や本醸造酒を飲んだことがあって、その蔵元さんの勝負酒がこのあたりなんだなぁと、なんだか新鮮な感動がありました。吟醸酒もやっぱり旨い!と再発見したところで、値段を確認すると、さすがのお値段・・・普段飲みにはできません(笑)
ちなみに
福島 夢心酒造
富山 若鶴酒造
については、蔵元さんに会うためにお邪魔したようなものなので、別格扱いとさせていただきました。現在の私の中のトップを争う蔵元さんです。

しかし、すごい人出で、こんなに日本酒人口がいるなら、業界万々歳なんちゃうのん?と思いつつ、こういう場所に出向く人の感覚と、その他大勢の人との感覚は、また全然違ったりもするんだろうなぁと、色んなことを考える場所にもなりました。面白いです。
日本酒の試飲会に行くと、なぜか着物姿の方も多いです。日本酒には着物が似合うわ~ということなんでしょうか?皆さん素敵なお着物でしたが、自分がどんなに気をつけていても人とぶつかったりしてお酒をかけられることがないとも言えません・・・高価な着物を着てらっしゃる方を見るとドキドキしてしまうのは貧乏性でしょうか(笑)

このあとビューティバーで、ダンナとも合流して、また大治郎とか頂いたので、昨日は久しぶりにたくさん飲んでしまいました。ご機嫌なプチ復活♪
スポンサーサイト
 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2008年10月05日(日) ご無沙汰です
私事ですが、実は、9月1日からドクターストップで禁酒中です

吟醸酒の会ですか…美味しいことでしょうね~?

私も調子が悪くて、休業中の状態です。
着物を着て、お酒が飲めるようになったら、是非一度、誘ってくださいね~?
かにちゃーはん | URL | コメントを編集 | 
2008年10月06日(月) かにちゃーはんさん
ええ~~v-12そうなんですか?
体調を戻して、元気になって、ドクターストップが解除されたら、ぜひ一緒に遊びましょうね♪
お大事に。
たかねえ | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。