--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2009年02月24日(火) 記事No.499
滋賀の上原酒造さんに行ってきました。「不老泉」を造ってる蔵元さんです。
ビューティバーで知り合った皆さんと、わいわい行ってきました。
酵母添加を一切しない山廃仕込、全国でも5蔵ほどしかしてないという木槽天秤しぼり、さらには木桶仕込みも復活させた…と噂だけを耳にしてたものですから、上原さんに行くと聞いたときに、「これは万難を排して行かねば!」って思ってしまいまして・・・。

朝から吹雪いていたという湖西も、お邪魔したころには雪も溶けて、清々しい気候。黒塗りの壁が素敵な景色映えする蔵でした。
kura-uehara-yko.jpg
かわいらしい感じの男前な番頭さんに中を案内してもらい、精米から順番に見せて頂きました。タンクにかけられたハシゴを上って、もろみがブクブクなってるのも久しぶりに見ました。やっぱりコレが楽しい♪
ハシゴの上から、棚に置かれた小さなダンボールのような箱に「もやし」と書かれてあるのを見て、「もやしもんだ」って笑ってしまったりしながら移動。そして、一番見たかった天秤しぼり。
Image965.jpg
圧巻でした。感動です。すごいシステムだと思いました。昔の日本人ってほんとスゴイです。ふなくちに垂れるお酒は、また華やかな吟醸香が立ってて、それだけで酔ってしまいそうでした。(酔わへんけどな。自分で突っ込んでおこう;)
このしぼってるそばで、試飲をさせてくれました。あ、一番楽しいのはコレやった(笑)。10本ほど並べてくれていて、そこに、まさにしぼりたてを持ってきてくださったりで、計12種類。「じゃあ、しぼりたての、こっちから順番に利かせてもらおう」って、みんな端から順に飲み始めたので、番頭さんがビックリされてました。普通は、12種類から、「じゃあ、私はコレを…」って感じで、1人3種類くらいってことが多いらしい。一緒に行ったメンバーは、みんな口をそろえて「端から飲むのが普通やと思ってた;」と言いました(汗)。楽しい仲間です♪

それから、同じ湖北ではありますが、東側の「七本槍」の冨田酒造さんにもお邪魔しました。
こちらは予約してなかったので、覗いただけです。
Image970.jpg
冨田酒造のある木之本宿は、昔の宿場町の雰囲気が色濃く残っていて、とても素敵な町並みです。そこにこの酒林。たまりません。
中に入ると、かすかにお酒の香り。思わず深呼吸。魯山人の額がありました。圧倒されます。ものすごくお客さんが多かったので、すぐに退散しましたが、ゆっくり色々見てみたい店構えでした。

で、今回の戦利品は、4合瓶3本です。
Image974.jpg
上原酒造さんの「不老泉」の山廃純米生原酒と辛口純米吟醸火入れ。
そして冨田酒造さんの「七本槍」の玉栄純米吟醸生原酒中取り。
それから、七本槍の日本手拭も買っちゃいました。酒の下でランチョンマットのようになってますが。かわいいっす♪

この日の着物は、紫の古結城。中国っぽい鳥の帯を締めて行きました。
Image973.jpg
スポンサーサイト
 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。