--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2005年05月30日(月) 記事No.58
長襦袢にも夏物と冬物があります。
長襦袢と言うだけに、長い着物なんですが、私は便利なので二部式の洗えるものを愛用しています。
長襦袢にも、袷と単衣と盛夏用があります。
袷の長襦袢は、正絹のものを使っています。あんまり汗をかかない、寒いときにはコレが一番!なんといっても手触りが違います。それに上等なものに包まれてる満足感が違いますね~
でも、汗をかく時期は、写真上の単衣の洗える襦袢の出番が多いです。
R00_0505304.jpg

6月から9月には、絽の長襦袢に衣替えします。汗ダラダラなので、洗えるものがオススメです。でもポリは暑いですから、木綿と麻、もしくはポリと麻の混紡が気持ちいいです。写真下のものです。織が荒くて、風通しがとても良いですよ。
本来なら、襦袢も季節に合わせないといけないんですが、そんなことを言ってられる暑さではありません。今年なんて4月から麻の襦袢着てましたから(笑)。着物の衣替えは中から始まると言われていて、中が少々早くても許されるそうです。4月というのは早すぎるかもしれませんが、暑いのを我慢して着るより良いと思うので…

襟のところにつけてある別布が半襟です。
上には、ポリエステル縮緬の半襟をつけています。つけたままでも洗えるので、とっても便利。下には、ビーズの半襟をつけています。暑いときは、首に当たる部分が少なくなるので、気持ち良いです。
半襟は、いろんな布を使えます。縮緬や絞りのハギレでもいいし、洋服の生地でもいい。日本手拭もかわいいです。着物や状況、季節に合わせてセレクトしたいものです。
スポンサーサイト
着物の知識 |  トラックバック(0) |  コメント(6) |  記事を編集 | 

2005年06月01日(水)
襦袢ひとつに、これだけ。。。
奥が深い。。。

半襟って襦袢に付けるモノだったんですねー。
着物からチラッと見えるあれですよね。
渋い着物にかわいい半襟がのぞくとアタシ好みのエロい感じに(^◇^;)
うさぎ | URL | コメントを編集 | 
2005年06月02日(木)
そうですよね、着物に縁がないと、半襟ってどこ?って話になりますよね~襟元に見える着物とは別の色のアレです。
「しどけない」っていう便利な言葉がありますが、着物ってだらしなく着ると、実はただ「だらしない」んですよ。きちんと着る方が色気が出るような気がします。凛とした中に可愛さがある色っぽさ(?笑)を目指したいものです。
たかねえ | URL | コメントを編集 | 
2005年06月02日(木)
お昼ごはん食べながら、浴衣サーチしてました。
で、補正ってどうやるの?って疑問が。
補正したほうがいいことはわかったんだけど、そもそも補正の仕方についての説明がないのです。このページ↓
http://www.yukatalism.com/html/ktkv2_ready02.html

あ、あとね三田佐代子さん@サムライのキャスターでおなじみ、ですよね?
着物好き好きみたいです~。
http://d.hatena.ne.jp/sayokom/searchdiary?word=%2a%5b%b9%a5%a4%ad%b9%a5%a4%ad%5d
うさぎ | URL | コメントを編集 | 
2005年06月03日(金)
うさぎさん、いいところに気がつきましたね~
って、すごい偉そう(笑)
補正はしなくていいと言う方もいますし、面倒だから気にしない方も多いのですが、補正は絶対した方が良いです。面倒じゃない補正をしたらいいんえですよね~
ここでは長くなりますので、きちんと説明しますので、少し待ってくださいね。
たかねえ | URL | コメントを編集 | 
2005年06月03日(金)
ふぁーーーい。

でも、なんだかやっぱりアタシには無理なような気がしてきたよ(×_×;)シュン

うさぎ柄の帯ほしーー。
うさぎ | URL | コメントを編集 | 
2005年06月04日(土)
大丈夫ですって。
ウサギの帯、探しときますから(笑)
たかねえ | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。