--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2005年09月24日(土) 記事No.85
実家にお彼岸参りに行ってきました。
おばあちゃんにもらった単衣の着物に、噂の綴れ帯を締めて。ハナダ色に躑躅色の模様が入って、少し綸子のような光沢のある着物。仕立てずにおいてあったおばあちゃんの最後の着物。仕立ててから着る機会がなくてそのまま結婚して持ってきてしまいましたが、おばあちゃんが生きている間にキチンと着て見せてあげたら良かったと後悔しきりです。でも気に入ってよく着てるので、きっと喜んでくれてるよね?
20050926134200

帯揚と帯締めは桃色にしてみました。やさしい雰囲気になったかな。半襟は白のビーズ。たっぷり見せてみました。麻の白足袋にうさぎの草履で出かけました。
実家で珈琲を淹れてもらったのですが、カップがとても素敵でした。
20050926134202

見えるかなぁ秋の七草の手描き。まだ暑いけど季節は秋だもんね~と、この良いカップをわざわざ出して使う母の感覚とマメさが大好き。見習いたいものです。
スポンサーサイト
着物を着る |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2005年10月01日(土)
お母様、ステキですね~。
うちの母とは大違い(^◇^;)我が母親は、あまり物事にこだわらない性格のようで、娘は細かいことにこだわる性格なので困ります。
アタシも季節感などを大切にしたいなーと思います。
うさぎ | URL | コメントを編集 | 
2005年10月03日(月)
ありがとうございます。
二人して風流なことが好きなので、うちの父やうちのダンナは呆れてるかもしれません;
季節感は大事にしたいですね。着物の世界では、ちょっと先取りするのがお洒落だとされてますが、遅れるのは野暮な気がするので、いつも敏感に反応していたいです。
たかねえ | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。