--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2005年10月06日(木) 記事No.91
今回縁あって染めをお願いした高橋常兵衛さんと、その江戸中紋染めを、せっかくなので紹介したいと思います。
高橋さんは、18才の時に江戸時代の型紙に初めて接し、その美しさに惹かれて、今では約3万枚収集するコレクターだそうです。古代型は、日本では東京芸術大学・国立歴史民族博物館・京都国立博物館等に、海外ではアメリカ・フランス・ドイツ・オーストリア等に収集されているような文化財です。これらの細かい見事な柄の型を染めるのは困難と思われていましたが、高橋氏は7年前、この古代型を復刻・再現して染色する方法を編み出し、88歳になられた今もご自分の手で染めておられます。細かい型をきちんと表現するために注染(簡単に言うと、短い型で柄を繋いでいく)ではなく長板で手染めをしていらっしゃるそうです。
綿紅梅の良い染めの反物を買うとなると、正直7万くらいはかかるでしょう。さらに注文で作ってもらうとなれば、さらに上乗せされるのが普通…ところが高橋さんは「あとどれだけ染められるかもわからないし、自分の染めたものを喜んでもらえたらそれでいい」と、手ごろな値段で売ってくださってるんだそうです。ありがたい話です。う~ん、うまくまとまらない;伝統工芸って、何見ても感動するんだけど、今回は自分注文で作ってもらって自分の手許に来ただけに感動もひとしおというかなんというか…とにかく素晴らしい出来です。
スポンサーサイト
 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2005年10月06日(木)
はじめまして。
訪問&コメントありがとうございました。
和服関連のブログを探して立ち寄ったのですが、とても参考になる記事が多くて勉強になりました。
京都へ行かれるんですか?私も11月末に行く予定ですが、京都は是非着物で歩きたい町ですよね。私のような10代が着物で歩くというのは色々な意味で目立つかもしれませんが、きっと楽しいでしょうね~。
素敵な着物に巡り会えますよう。

是非、また花舞小枝に遊びにいらしてくださいね。
冬樹 | URL | コメントを編集 | 
2005年10月06日(木)
いらっしゃいませ。こちらこそありがとうございます!さらにお褒めの言葉まで頂き恐縮です。
京都はやっぱり着物が似合いますから、着物で歩きたいですよね。着物パスポートのイベントが今年もあるようなので、12月までに3回くらい行く予定(笑)染やら絞りやらの伝統工芸をきちんと勉強したいなぁと思ってます。
また遊びに行きますね~
たかねえ | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。